1点の攻防を制した平塚学園が4回戦進出!!



満面の笑みでホームイン(平塚学園)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 サーティーフォー保土ヶ谷球場で行われた秋季神奈川県大会3回戦。
平塚学園vs戸塚の一戦は、1点を争う試合となった。

 平塚学園先発・柳沼亘の立ち上がり。グラブを高く上げてターゲットを作り、そのグラブを叩くように右腕が出てくるフォーム。大崩れすようなタイプではなく、ストライクゾーンで勝負できる本格派右腕と言える。

 その柳沼の立ち上がり。先頭の渥美へ頭部死球を与えてしまう。指にかかったストレートだけに心配されたが臨時代走が送られ裏の守備には元気についた。柳沼は動揺することなく、後続を退け初会を無失点で切り抜ける。

 戸塚先発の伊佐治蓮も無難な立ち上がりを披露。
四球を与えるも後続を外野フライに打ち取り危なげない投球。。

 両者投げ合い試合が動いたのは3回表平塚学園の攻撃。9番・大岡が死球で出塁すると、ワイルドピッチで一死二塁。ここで、2番・山下がセンター前に抜けるタイムリーヒットで平塚学園が先制に成功。さらに一死一、二塁のチャンスも4番・5番が相次いで凡退し1点のみの攻撃となる。平塚学園打線も力がないわけではない。伊佐治のかわす投球に狙い球を上手く絞り込めず凡打する場面も。そこで、一番厄介になったのはドロンと落ちるスローカーブ。同じ打席で何球も続けて投げることもあり、打者が前に泳ぎだされてしまい力の無い凡打が繰り返される。

 平塚学園・柳沼も初回の死球を恐れることなくインコースにストレート・スライダーを投げ込んでいく。戸塚打線も明らかに腰を引いた見逃しや体が早く開きアウトステップ。アウトコースに目付が出来ずにそのスライダーを追っかける打者が大多数。捕手を務める久保も絶妙なタイミングで内外を要求し、見事に柳沼が応えるといった投球内容となった。



完投完封の柳沼亘

 今日の柳沼の出来からしてこれ以上離されるわけにはいかない戸塚
7回表の平塚学園の攻撃。先頭柳沼が四球で出塁を果たすと、犠打と四球が絡み二死一、二塁のピンチを招き迎えるは3番・大塚凱心。打線でもっとも雰囲気があり、1打席目にはフェンスギリギリの飛球も放っている強打者。その大塚へ強気にインコースに投げ込みセンターフライ。なんとか追加点は与えない。

 試合は1点を守った平塚学園戸塚を下し勝利。
この試合は柳沼の好投に尽きるだろう。強気のインコース攻めに加え、時折混ぜるカーブやフォークなど多彩な球種で終始的を絞らせない投球が光った。

 惜敗した戸塚は申し分ない守備力を見せてくれた。ここからは、打撃に磨きをかけて守りから接戦をモノにできるチームになっていってほしい。

(文=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。