東海大相模を相手に、ほんの一瞬の気の緩みは「敗北」を意味する

 準々決勝で、横浜を逆転で破って勝ち上がってきた相模原。大きな波乱と呼ばれた準々決勝だったが、「あの試合は決して波乱なんかではない」と言わんばかりの戦いぶりを準決勝でも見せた。

 先発マウンドに立ったのは、横浜戦でも好投を見せた天池空。サイドハンドからの抜群の制球力に加えて、巧みに間合いを変えるなどのマウンドさばきに大きな魅力がある投手であるが、この試合でもその持ち味を存分に見せつけた。
 鵜沼 魁斗西川 僚祐にツーランホームランを浴びて6回までに4点は失うが、連打は決して浴びない。右打者にはアウトコースへのスライダー、左打者にも外へ逃げるシンカーを駆使して、東海大相模打線に決して的を絞らせない。

 強打と機動力を武器とする東海大相模だが、「やりたい野球」を全くやらせてもらえない状況に、勝っているのに我慢を強いられるような特殊な状況に立たされた。
 そして試合の流れは、少しずつ相模原にも傾き始める。

 終盤に入った7回、相模原はこの回からマウンドに上がった野口裕斗を攻めて二死二、三塁のチャンスを作ると、打席には6番の中嶋来希。中嶋の打球はサードへのゴロとなるが、この間に三塁ランナーが生還し、二塁ランナーも三塁回ったところでホームへ突っ込むそぶり見せる。これを刺そうと思った東海大相模の一塁手の山村 崇嘉の送球が、何と悪送球となって二塁ランナーもホームへ生還。
 思わぬ形で2点が入り、東海大相模に2点差と迫った相模原。スタンドの詰めかけた高校野球ファンの頭には、自然と準々決勝の横浜戦の逆転劇が頭に浮かび、2試合連続のジャイアントキリングへ大きな期待がスタンドに溢れ出した。

 逆転が現実味を帯び、これでさらに勢いが出てきた相模原
 しかしである。勢いに乗ることで、逆に僅かな隙を生んでしまったのだろうか。8回の天池の投球は明らかにボールが甘くなった。
 そしてこれを東海大相模が見逃すはずがない。

 遠藤 成山村 崇嘉の連打で無死二、三塁のチャンスを作り、続く5番・金城 飛龍がタイムリーを放って再び点差を4点に広げると、さらに7番・西川もレフト前へタイムリーを放ち、点差をさらに広げる。その後も2番・本間 巧真のスクイズなどで得点を重ねた東海大相模は、この回だけで一挙7得点。僅かな隙を見逃さず、その差を一気に広げることに成功した。

 結局、試合は東海大相模が8回コールドの11対2で相模原を下し、決勝進出を決めた。
 中盤まで天池の投球に苦しんでいた東海大相模だったが、終盤の集中打は見事としか言いようがない。東海大相模を相手に、ほんの一瞬の気の緩みは「敗北」を意味する、そういっても過言ではないことを如実に見せつけたと言える。明日の決勝も非常に楽しみだ。

 一方、敗れた相模原も、7回までの戦いぶりは激戦区・神奈川のベスト4に相応しいものだった。冒頭でも記したが、準々決勝の逆転劇は決して波乱ではなく、確固たる実力を持って横浜を撃破した。
 天池などの3年生は抜けるが、今大会で4本塁打を放った温品を中心に、楽しみな2年生も残っている。秋の戦いにも注目していきたい。

文=栗崎 祐太朗)