5点差をひっくり返す会心の逆転勝利!相模原が横浜を破る金星で創部史上初の4強

 今大会で最大の波乱と言ってもいい試合だった。今春の選抜甲子園出場校であり、東海大相模桐光学園と共に「3強」の一角と称されていた横浜が、相模原にまさかの逆転負けを喫したのだ。

 試合は6回まで完全に横浜のペースであった。
 先発の木下は力のある直球とスプリットを軸に、ランナー出しながらも無得点に抑える粘りの投球を続け、また打線も3番・内海 貴斗の先制ツーランを皮切りに、6回までに5得点を挙げる隙のない攻撃を見せていた。

 「木下は決して本調子ではないが、このまま試合を運べば問題なく準々決勝は突破できる」
 誰もがそう思い始めた7回、横浜の歯車が突如狂い始めたのだ。

 7回裏、一死一、二塁のピンチ迎え、疲れの見え始めていた木下 幹也に代えて、同じく2年生のサウスポー・松本 隆之介をマウンドに送る。
 だが、この松本がピリッとしない。3番・温品直翔に四球を与えて満塁とすると、4番・中野夏生、5番・風間 龍斗に連続タイムリーを浴びて3失点。
 平田監督はすかさず松本に代えて、エースの及川 雅貴を登板させる。

 絶対的エースとして、何としても反撃の勢いを食い止めたい及川だったが、先頭に四球を与えて一死満塁とすると、7番・高橋 陸にライト前タイムリーを浴び、さらにライトもこの打球を後逸。相模原はさらに2点を追加し、終盤にして遂に横浜の背中を捕らえた。

 これで完全に勢いづいた相模原は、その後も及川に襲い掛かる。
 8回表に1点を勝ち越され再び1点となるが、その直後の8回裏にすぐさま一死一、二塁のチャンスを作ると、4番の中野がレフトへのタイムリースリーベースヒットを放って逆転。その後、さらに5番・風間 龍斗もセンターへの犠牲フライを放って追加点を上げた相模原は、8対6と2点のリード奪うことに成功し、土壇場で試合をひっくり返した。

 試合はそのまま8対6で相模原が横浜を下し、ベスト4進出を決めた。
 エースの及川を始め、横浜の投手陣は揃って本調子とは程遠い出来であったが、それもでも全国屈指の投手陣を打ち崩した相模原のここ一番の集中力は見事であった。
 準決勝の相手は東海大相模と決まり、気の抜けない戦いは続くが、この試合で見せたような集中力を次もここ一番の場面で発揮して欲しい。

 一方、逆転打を浴びた及川は、最後の最後まで苦しいマウンドが続いた。球速も140キロ台後半は記録するものの、球自体に迫力は感じられず、変化球の曲がりも早かった。
 昨秋からフォームの試行錯誤が続いた及川。これからまずは体をゆっくり休め、また一からフォームを作り上げて欲しい。

(文=栗崎 祐太朗)