2019年07月24日 横浜スタジアム

桐光学園vs向上

2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

初回に5得点で主導権を握る!桐光学園が準決勝へ駒を進める

 選手権神奈川大会の準々決勝は、横浜スタジアムの第2試合目で桐光学園向上が激突した。春季神奈川大会ではベスト8に進出し、この夏の選手権県大会でも準々決勝まで進出してきた向上。だが、この試合では第1シードの桐光学園に、大きな力の差を見せられることとなった。

 桐光学園は初回から猛攻を見せた。
 1番・楠本 龍聖、2番・鈴木 智也の連続ヒットなどから二死満塁のチャンスを作ると、6番・直井宏路が押し出し四球を選び、まずは1点を先制する。さらにその後、相手のエラーでさらに1点を追加すると、鵜沢悠生、谷村 然、石倉大樹による3連続タイムリーが飛び出し、この回だけで5得点。打者10人による猛攻で、桐光学園が早くも試合の主導権を握った。

 桐光学園の先発マウンドに上がったのは、背番号10の3年生右腕・谷村然。1年生からマウンドに登り続けている経験豊富な右腕であるが、この試合でも落ち着いた投球を見せる。 初回に1点は失うが、常時130キロ後半の直球を低めに丁寧に集め、また変化球も緩急を匠に駆使して最少失点に抑える。初回以降も5回に失点を許すが、「連打はないだろう」と思わせるような安心感のある投球を披露する。

 谷村の好投もあり、試合は終始桐光学園のペースとなる。
 桐光学園は4回にも、4番・安達 壮汰のタイムリースリーベースなどで4点を追加すると、その後も小刻みに得点を重ねてその差を大きく広げていく。

 桐光学園は11点差で迎えた7回裏、コールド負けを避けるべく3点を返す粘りを見せたが、結局それ以上は点差は詰められず。試合は7回コールドの13対5で桐光学園が勝利し、ベスト4進出を決めた。

 春に続き、ベスト4進出を決めた桐光学園
 今年神奈川県は、横浜東海大相模、そして桐光学園の「3強」と目されているが、この試合の戦いぶりからはチームの仕上がりはまずまずと感じる。この調子を維持して、準決勝、決勝へと臨みたいところだ。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
松井裕樹に5球団、大瀬良大地に3球団!2013年に競合したドラフト1位たち 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模と相洋が勝利しついに決勝戦!22日に行われた準決勝2試合を徹底レポート!【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
相洋vs立花学園【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
桐光学園vs横浜商【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs三浦学苑【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第393回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手「追究を続ける『ストレート』」 【2016年インタビュー】
第342回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手【後編】「順応性とプロフェッショナリズムと」 【2015年インタビュー】
第341回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手【前編】「順応性とプロフェッショナリズムと」 【2015年インタビュー】
向上 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る