2019年07月20日 相模原市立相模原球場(サーティーフォー相模原球場)

横浜創学館vs大和

2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜創学館の強打炸裂!粘る大和を振り切りベスト16進出!!


 ベスト16を懸けた試合は大熱戦であった。

 大和vs横浜創学館は両校の熱い応援団が後押しするなか試合が始まった。
まずは、横浜創学館の先発マウンドには左腕・佐藤孝輔が上がる。大きくテイクバックを取り、グラブを小さく引くと左腕が遅れてついてくる。球には力があり、チェンジアップなど打者の手元で自在に操る好左腕。その立ち上がりは、2番・野口晧貴に内野安打を許すが上々の立ち上がり。

 強打で知られる横浜創学館。自慢の打棒は、初回からエンジン全開で打ちまくる。
大和先発・八田歩は、1番・山越隼人に痛烈なセンター前ヒットを与える。その後、3番・佐上晴海のセンターの頭上を、はるかに超えるタイムリースリーベースで1点を先制。続く、4番・大津元太郎もヒットで2点目。さらに、5番・福田辰哉のヒットで3点目。強打の中にしなやかさがある打撃で3点を先行する。

 2回裏にも1点を、奪われ4点差で迎えた3回表の大和の攻撃。
一死から、1番・吉田達哉と2番・野口の連続ヒットでチャンスを作ると、4番・石田健生のタイムリーで1点の返す。ここで、大和ベンチ。5番・岩永皐月にスクイズのサイン。これが見事に決まり2点差とする。その後、パスボールでさらに追加点を挙げて4対3と1点差まで追い上げる。序盤から、スクイズを攻撃に絡めさせて1点の奪う執着心は素晴らしかった。

 序盤のイニング。変化球でカウントを取れず苦しい投球が続いていた大和先発の八田。その後は落ち着きを取り戻していき、ストレートと変化球のバランスを整えていきながらの投球で的を絞らせない。

 4回にはビッグプレーも生まれる。
簡単に二死を奪った八田だが、ヒットと連続四球で二死満塁のピンチを招く。ここでの、追加点は点差以上に追い上げムード壊しかねない場面。4番・大津の放った打球は、強烈な一塁線の打球。これを、一塁手・岩永横っ飛び。グラブにボールを収め一塁を踏み、ピンチを脱する。

【次のページ】 横浜創学館vs大和(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大鶴ヶ丘vs都立東大和【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
佼成学園vs都立東大和南【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
やっぱり神奈川はアツい!夏の神奈川大会は初戦から白熱の試合が続出? 【ニュース - コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
小田和正さんや南こうせつさんなど..高校の校歌を手掛けた著名人を紹介! 【ニュース - コラム】
第9回 小田和正さんや南こうせつさんなど..多くの著名人が高校の校歌を手掛けている!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs都立東大和【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立東大和vs京華商【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
大和vs相模原総合【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
第298回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【後編】 「前向きに取り組むことが自分のためになる」 【2015年インタビュー】
第297回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【前編】 「打撃好調の秘訣をメカニズムの観点からを探る」 【2015年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
大和 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る