横浜創学館の強打炸裂!粘る大和を振り切りベスト16進出!!


 ベスト16を懸けた試合は大熱戦であった。

 大和vs横浜創学館は両校の熱い応援団が後押しするなか試合が始まった。
まずは、横浜創学館の先発マウンドには左腕・佐藤孝輔が上がる。大きくテイクバックを取り、グラブを小さく引くと左腕が遅れてついてくる。球には力があり、チェンジアップなど打者の手元で自在に操る好左腕。その立ち上がりは、2番・野口晧貴に内野安打を許すが上々の立ち上がり。

 強打で知られる横浜創学館。自慢の打棒は、初回からエンジン全開で打ちまくる。
大和先発・八田 歩は、1番・山越隼人に痛烈なセンター前ヒットを与える。その後、3番・佐上晴海のセンターの頭上を、はるかに超えるタイムリースリーベースで1点を先制。続く、4番・大津元太郎もヒットで2点目。さらに、5番・福田辰哉のヒットで3点目。強打の中にしなやかさがある打撃で3点を先行する。

 2回裏にも1点を、奪われ4点差で迎えた3回表の大和の攻撃。
一死から、1番・吉田達哉と2番・野口の連続ヒットでチャンスを作ると、4番・石田健生のタイムリーで1点の返す。ここで、大和ベンチ。5番・岩永皐月にスクイズのサイン。これが見事に決まり2点差とする。その後、パスボールでさらに追加点を挙げて4対3と1点差まで追い上げる。序盤から、スクイズを攻撃に絡めさせて1点の奪う執着心は素晴らしかった。

 序盤のイニング。変化球でカウントを取れず苦しい投球が続いていた大和先発の八田。その後は落ち着きを取り戻していき、ストレートと変化球のバランスを整えていきながらの投球で的を絞らせない。

 4回にはビッグプレーも生まれる。
簡単に二死を奪った八田だが、ヒットと連続四球で二死満塁のピンチを招く。ここでの、追加点は点差以上に追い上げムード壊しかねない場面。4番・大津の放った打球は、強烈な一塁線の打球。これを、一塁手・岩永横っ飛び。グラブにボールを収め一塁を踏み、ピンチを脱する。