打撃と走塁の融合で桐蔭学園を下しベスト16!!


 サーティーフォー相模原球場で行われた4回戦。
センバツ出場ながらも、今大会はノーシードとして戦う桐蔭学園
その桐蔭学園を迎え撃つ形となるのが、第2シードの向上である。
この両校は、昨秋と今春に続いて3度目の試合で勝負を決する形となり、手の内も知り尽くした試合。

 まずは、桐蔭学園先発の伊禮 海斗の立ち上がり。
左打者の1番国崎 澪に変化球を上手く合わされて、レフト前ヒットを許す。2番岡崎大輝を打ち取るが、1塁走者の国崎に盗塁を許し、一死一塁とする。しかし、後続を打ち取り無難な立ち上がりをみせる。

 対する、向上先発の松村 青は簡単に二死を奪うが、3番森 敬斗に安打を許す。しかし、得点には結びつかず無失点で終える。松村は立ち上がりからキレのあるストレートと横に滑るスライダーをコース一杯に投げ込む投球を展開。

 動きがあったのは、2回表の向上の攻撃。
二死から、7番松村が四球、8番吉田風海がセンター前ヒットでチャンスメイクする。
ここで、9番森川大誠がレフト前ヒットを放ち三塁ランナーが生還で1点を先制。外野は定位置であったが、三塁コーチャーは腕をぐるぐる回し得点を奪った場面。この試合全てにおいて、向上のランナーの走塁意識の質が高く、普段の練習から意識しているのだろうと想像が出来る。

 3回表の向上はさらに桐蔭学園を攻め立てる。先頭2番岡崎がライト前ヒットで出塁。続く3番菅野もセンター前ヒットで出塁し、無死一、二塁のチャンスを迎える。その後、一死一、三塁で5番赤城 昂太郎がレフトへタイムリーツーベースヒットで1点を追加。一死二、三塁となったところで桐蔭学園ベンチが動く。エースの伊禮をここで諦め、2番手に背番号10の山崎をマウンドに送る。流れを変えたい桐蔭学園ベンチだが、6番小泉瑛輝の内野安打でさらに1点追加。ここで、二死一、三塁で一塁走者がスタートを切る。捕手・勝間田礼琉の二塁送球はショーバン送球になり、三塁走者が隙をつき一気にホームに生還。足を使った攻撃で、桐蔭学園を4対0と突き放していく。

 桐蔭学園ベンチとしては、エース伊禮にもっと粘ってほしかったのが本音だろう。しかし、序盤からボールにキレがなく、捉えられている打球を目立ったための決断。この判断は、やむをえない。

すぐに追い上げていきたい桐蔭学園打線。その思惑通り、先頭の8番山崎がレフト前ヒットで出塁。まずは、ランナーを貯めていきたいところだが9番勝間田の当たりは併殺打となる。続く、1番木本圭一の凡打となり結局、三者凡退。

 勢いは俄然、向上ベンチにある。この回も先頭が四球で出塁。一死一塁となったところで、一塁ランナーの国崎が盗塁を決めて一死二塁。その後、二死二、三塁となり4番石坂健斗がライト前にタイムリーヒットで2点を追加。試合の展開を優位に進め、コールド勝ちが頭によぎるほどの攻めっぷり。塁に出れば足を使い、得点圏ではキッチリランナーを返す集中力。非常にレベルの高い野球を披露していく。