2019年07月17日 相模原市立相模原球場(サーティーフォー相模原球場)

横浜vs法政二

2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

横浜、7回コールド勝ちも、次戦へ向けて課題が残る試合へ

 横浜が7回コールド勝ち。序盤、さすがと思わせる攻撃内容は見せたものの、次戦へ向けて、反省が残る試合内容だった。先制した2回表、7番吉原の適時二塁打やバッテリーミスで2点を入れ、さらに二死満塁から2番鬼頭勇気(2年)がレフトの頭を超える適時二塁打。さらに送球間で一塁走者も生還。その後、4番度会 隆輝(2年)の右前適時打で6対0と突き放し、4回表にも2番鬼頭が中越え適時二塁打。さらに4番渡会も左前適時打で8対0と突き放す。

 ここまで法政二の水谷斗夢(3年)の130キロ前半の速球と大きく曲がるカーブに苦労しながら、走者を出してから甘く入ったボールを逃さずにたたいた打撃はよかった。

しかし横浜の得点はここまで。その後は走者を出すも点が挙げられない展開が続く。打撃内容を見ると打ち損じがあったり、無駄なアクションが入った打撃フォームで打ち上げたり、縦の変化球を見極めができずに凡打と、勿体ない打撃内容がみられた。

 一方、投手陣はさすがの内容。先発の松本 隆之介(2年)は1年生の時と比べると荒々しさが消え、常時135キロ前後(最速138キロ)の速球をコーナーに散らせながら、さらに120キロ前半のスライダーを低めに落として、法政二の打者から次々と三振に打ち取り、6回まで10奪三振の好投を見せた。

 そして7回裏からマウンドに登ったエース・及川 雅貴(3年)は左スリークォーターから常時130キロ後半(最速143キロ)の速球とスライダーをコンビネーションに1回1奪三振。まだ本来のボールとはいえない内容だった。投球フォームも頭が突っ込んだ動きがいくつか見られ、まだまだ課題は多くみられる。

 まだ序盤戦で、課題が出ることは悪くない。その課題を克服し、さすが横浜と思わせる戦いを見せていきたいところだ。

(文=河嶋 宗一)

 
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ポテンシャル抜群の新成人・万波中正(横浜出身)が持つスラッガーとしての魅力 【ニュース - 高校野球関連】
パ・リーグも中学硬式経験者の活躍光る 打率上位者の中学時代の所属チームは? 【ニュース - 高校野球関連】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
星槎国際湘南vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
法政二 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る