強力打線は健在、東海大相模が相手ではミス一つが命取り

 雨天に伴うグランド整備により、開始時間が遅れたサーティフォー保土ヶ谷野球での第1試合。春季関東大会で優勝を果たしたの注目校・東海大相模が登場した。対するのは、1回戦で厚木に3対2と競り勝ってきた相模原中等教育だが、試合は序盤から東海大相模打線が力を見せる展開となった。

 まずは初回、東海大相模は二死から3番・井上 恵輔がスリーベースを放ってチャンスメイクすると、続く4番・山村 崇嘉がセンターフェンス直撃のタイムリースリーベースを放って先制点を挙げる。

 さらに2回、今度は加藤 響のツーベースなどで無死満塁のチャンスを作ると、9番・諸隈 惟大が高めに浮いた変化球を弾き返し追加点。さらにその後、2番・高嶋 壮汰にタイムリーが生まれ、序盤から着実に点差を広げていく。

 東海大相模の先発は、2年生左腕の諸隈 惟大。佐倉シニア時代から注目されていた投手だが、この春に大きな成長を見せ、春から夏にかけてもまた一段とフォームに安定感が増した印象を見せる。
 やや制球に苦しむ様子を見せたが、それでも落ち着いた投球で打ち取っていき、3回を投げて2安打無失点、5奪三振の投球を見せた。

 東海大相模はその後も投打に渡って力を見せ続ける。
 3回には7番・加藤のタイムリーで追加点を挙げると、4回にも1番・鵜沼 魁斗や5番・西川 僚祐のタイムリーなどで3点を追加。
 また投手陣も4回から1年生左腕の石田 隼都が登板し、3回を無安打4奪三振の好投。10点差で迎えた7回には、背番号1を背負う遠藤 成が登板し、パワフルな速球を軸に三人で切って取る。

 試合は10対0で東海大相模が勝利した。初戦とあって少し重さも感じられたが、それでも東海大相模を相手に、ミス一つ、四死球の一つは大きな命取りになる。
 そのことを改めて感じさせた試合となった。

                             

(文=栗崎 祐太朗)