2019年07月14日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模vs相模原中等教育

2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

強力打線は健在、東海大相模が相手ではミス一つが命取り

 雨天に伴うグランド整備により、開始時間が遅れたサーティフォー保土ヶ谷野球での第1試合。春季関東大会で優勝を果たしたの注目校・東海大相模が登場した。対するのは、1回戦で厚木に3対2と競り勝ってきた相模原中等教育だが、試合は序盤から東海大相模打線が力を見せる展開となった。

 まずは初回、東海大相模は二死から3番・井上 恵輔がスリーベースを放ってチャンスメイクすると、続く4番・山村 崇嘉がセンターフェンス直撃のタイムリースリーベースを放って先制点を挙げる。

 さらに2回、今度は加藤 響のツーベースなどで無死満塁のチャンスを作ると、9番・諸隈 惟大が高めに浮いた変化球を弾き返し追加点。さらにその後、2番・高嶋 壮汰にタイムリーが生まれ、序盤から着実に点差を広げていく。

 東海大相模の先発は、2年生左腕の諸隈 惟大。佐倉シニア時代から注目されていた投手だが、この春に大きな成長を見せ、春から夏にかけてもまた一段とフォームに安定感が増した印象を見せる。
 やや制球に苦しむ様子を見せたが、それでも落ち着いた投球で打ち取っていき、3回を投げて2安打無失点、5奪三振の投球を見せた。

 東海大相模はその後も投打に渡って力を見せ続ける。
 3回には7番・加藤のタイムリーで追加点を挙げると、4回にも1番・鵜沼 魁斗や5番・西川 僚祐のタイムリーなどで3点を追加。
 また投手陣も4回から1年生左腕の石田 隼都が登板し、3回を無安打4奪三振の好投。10点差で迎えた7回には、背番号1を背負う遠藤 成が登板し、パワフルな速球を軸に三人で切って取る。

 試合は10対0で東海大相模が勝利した。初戦とあって少し重さも感じられたが、それでも東海大相模を相手に、ミス一つ、四死球の一つは大きな命取りになる。
 そのことを改めて感じさせた試合となった。

                             

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
タレント揃いの中京学院大中京に注目!大会10日目の3試合を徹底レポート!【第101回選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
中京学院大中京vs東海大相模【第101回全国高等学校野球選手権大会】
4試合どれもがハイレベル!激戦必至の3回戦4試合のポイントをチェック! 【ニュース - コラム】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第956回 ベスト8をかけた戦い!東海大相模ら 大会10日目4試合のみどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第42回 今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由【101回大会特集】
東海大相模vs近江【第101回全国高等学校野球選手権大会】
東海大相模vs日大藤沢【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
東海大相模vs相模原【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
相模原中等教育 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る