2019年07月14日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模vs相模原中等教育

2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

強力打線は健在、東海大相模が相手ではミス一つが命取り

 雨天に伴うグランド整備により、開始時間が遅れたサーティフォー保土ヶ谷野球での第1試合。春季関東大会で優勝を果たしたの注目校・東海大相模が登場した。対するのは、1回戦で厚木に3対2と競り勝ってきた相模原中等教育だが、試合は序盤から東海大相模打線が力を見せる展開となった。

 まずは初回、東海大相模は二死から3番・井上 恵輔がスリーベースを放ってチャンスメイクすると、続く4番・山村 崇嘉がセンターフェンス直撃のタイムリースリーベースを放って先制点を挙げる。

 さらに2回、今度は加藤 響のツーベースなどで無死満塁のチャンスを作ると、9番・諸隈 惟大が高めに浮いた変化球を弾き返し追加点。さらにその後、2番・高嶋 壮汰にタイムリーが生まれ、序盤から着実に点差を広げていく。

 東海大相模の先発は、2年生左腕の諸隈 惟大。佐倉シニア時代から注目されていた投手だが、この春に大きな成長を見せ、春から夏にかけてもまた一段とフォームに安定感が増した印象を見せる。
 やや制球に苦しむ様子を見せたが、それでも落ち着いた投球で打ち取っていき、3回を投げて2安打無失点、5奪三振の投球を見せた。

 東海大相模はその後も投打に渡って力を見せ続ける。
 3回には7番・加藤のタイムリーで追加点を挙げると、4回にも1番・鵜沼 魁斗や5番・西川 僚祐のタイムリーなどで3点を追加。
 また投手陣も4回から1年生左腕の石田 隼都が登板し、3回を無安打4奪三振の好投。10点差で迎えた7回には、背番号1を背負う遠藤 成が登板し、パワフルな速球を軸に三人で切って取る。

 試合は10対0で東海大相模が勝利した。初戦とあって少し重さも感じられたが、それでも東海大相模を相手に、ミス一つ、四死球の一つは大きな命取りになる。
 そのことを改めて感じさせた試合となった。

                             

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
松坂が埼玉西武に復帰して夏の甲子園優勝投手は何人?NPBに在籍している甲子園優勝投手は19名 【ニュース - 高校野球関連】
来春選抜32校を独断で予想!第1弾 【ニュース - 高校野球関連】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
相模原中等教育 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る