2019年07月14日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

横浜隼人vs大磯

2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜隼人が大磯を完封

 保土ヶ谷球場の第2試合は、横浜隼人VS大磯
 気温22.3℃、湿度92%で、北の風2.5m/s。16時9分に試合開始のサイレンが鳴った。

 1回表、横浜隼人の攻撃。1番佐野が大磯の右腕、丸山からいきなり右中間に2塁打を放つと、続く2番蛭間は1塁線のバントでランナーを3塁に進める。ここで3番新井のピッチャー返しの打球はセンターに抜けて、あっさりと1点を先制。さらに5番菊地のセンター前ヒットと5番星野の四球で満塁とチャンスが広がる。ここで6番中村の打球は内野に上がり、ファーストが落球するもインフィールドフライが宣告されており2アウト。攻撃の流れが切れたかに見えたが、続く7番塩澤は押し出しの四球を選んでさらに1点を追加。しかし、8番高橋は丸山の外の直球を空振り三振。初回の得点は2点止まりとなった。

 1回のピンチを2失点で凌いだ丸山は、2回以降はランナーを出しながらも縦のカーブと直球のコンビネーションで横浜隼人打線を6回まで無得点に抑える。特に5回表、4番菊地のショート内野安打、5番星野の四球で1死1、2塁の場面。6番中村に3塁線ギリギリのファールを打たれてヒヤリとするも、その後はピッチャーゴロの併殺に討ち取るなど、要所を締める粘投を見せる。

 一方、横浜隼人の先発、背番号20番の加藤も、伸びのある速球で大磯打線を全く寄せ付けない。3回に入ると再び雨が降り出し、5回から照明に灯が入る中、7回まで快調にノーヒットピッチングを続け、中盤まで投手戦が展開される。

 試合が動いたのは7回表。1死後、2番蛭間がストレートの四球で1塁に歩くと、牽制悪送球と盗塁で3塁に進み、3番新井のところでスクイズを敢行。横浜隼人に貴重な3点目が入る。さらに8回表、7番塩澤が3遊間を破るレフト前ヒットで出塁すると、2つの送りバントでランナーを3塁に進める。ここでキャッチャーのパスボールによりラッキーな1点を追加し、4-0とリードを広げる。

【次のページ】 横浜隼人vs大磯(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
圧倒的強さを見せた東海大相模が4年ぶりV!公立校の躍進も目立った神奈川県の夏を振り返る 【ニュース - コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
【逸材レポート】春から成長が止まらない佐藤一磨(横浜隼人)の投球と将来性を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第213回 【逸材レポート】佐藤一磨(横浜隼人)「急成長!春から最速7キロも速くなった大型左腕」【ドラフト特集コラム】
日大藤沢vs横浜隼人【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第616回 見逃せない遠軽町の助成事業。目指すは町民の心を熱くするチームへ 遠軽(北海道)【後編】【野球部訪問】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜商vs横浜隼人【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
金沢vs横浜隼人【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
第392回 横浜隼人高等学校 高橋淳彦選手「中本牧シニア出身のスラッガーは宮里だけじゃない!」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
大磯 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る