2019年04月21日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

横浜vs弥栄

2019年春の大会 神奈川県春季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

松本隆之介が8回を1安打無失点の好投!及川も上々の実践復帰も大きな収穫に



8回を1安打無失点の好投を見せた松本隆之介(横浜)

 ここまで横浜投手陣の軸となってきたのは、背番号1を背負う木下 幹也だったが、この試合の先発マウンドに立ったのは、同じ2年生の松本 隆之介だった。前回登板の藤沢翔陵戦では、軸足に体重が乗り切らないまま上体が突っ込む投球フォームとなっており、投球内容は決して良いとは言えない内容だった。
 準々決勝に向けて、どこまでコンディションを上げることが出来たのか注目して見ていたが、前回より多少は状態が上がっているように見えた。

 体重移動は幾分スムーズになっており、球の走りもまずまずといったところ。まだ、時折ボールが高めに抜けて四球を出すことはあるものの、球威でカバーする投球ができており、5回までを無安打無失点に抑える安定したピッチングを見せる。

 その一方で、3回戦の藤沢翔陵戦で10得点を挙げた打線は、この日は思うように奮わない。3回に、小泉 龍之介のタイムリーで先制点こそ挙げたものの、その後は得点を奪うことが出来ない。弥栄の先発・河野の緩い変化球を待ちきれずにフライとなるケースが多く見られ、もどかしい攻撃は続く。
 試合は1対0と、横浜が僅かにリードする形で前半戦を終えた。

 試合はまだどちらに転ぶかわからない状態で入った後半戦だったが、先に点を取ったのは横浜だった。
 6回表、この回の先頭バッターは3番の度会 隆輝。甘く入った直球を振りぬくと、打球はライトスタンドに飛び込むソロホームランとなった。横浜は待望の追加点を挙げ、これでようやく「優位」と呼べる状況を作ることが出来た。

【次のページ】 横浜vs弥栄(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
去年は吉田輝星が大ブレイク 高校ビッグ4に並ぶ存在は現れるか? 【ニュース - 高校野球関連】
新時代の幕開け!新元号・令和最初のスター候補生をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
第79回 令和がスタート。令和元年の怪物候補8名をピックアップ!【高校野球コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第889回 東海大相模が最右翼!春季神奈川県大会準決勝の見所をチェック!【大会展望・総括コラム】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
横浜商vs生田東【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
弥栄 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

弥栄頑張って~❗一期生 2019.04.21
弥栄が東西に分かれていたころの一期生です。神奈川県民としては、子供の頃から横浜高校を応援していましたが、母校が戦うとなると話は別❗是非とも頑張って県立高校の優勝目指して下さい‼️

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る