2019年04月14日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

東海大相模vs日大藤沢

2019年春の大会 神奈川県春季大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

好投手・重富を攻略した東海大相模!2015年を思い出させる強打と対応力



先発・武富陸(日大藤沢)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 強打の東海大相模は対応力、迫力含めて全国トップクラスと印象付けた試合だった。東海大相模は地区予選で放った本塁打は11本。ほぼ毎試合、当たり前のように本塁打を放った長打力は好投手相手にも発揮するのか?

 対する日大藤沢は昨年から活躍をしてきた好左腕・武富 陸がいる。東海大相模の実力を測るには絶好の相手だ。

 まず日大藤沢の先発マウンドに登った姫木 陸斗(ひめき)だ。跳躍力があり、体にバネがありそうな投手で、マウンドの傾斜をうまく使って角度良く振り下ろす本格派左腕。常時130キロ~133キロは回転数が高く、手元でもしっかりと伸びるストレート。早くマウンドに降りてしまったので、あまり測れなかったが、立ち上がりより勢いのあるストレートはあったので、135キロ前後のストレートを投げていても不思議ではない。姫木は気持ちが強く、全面に出して抑える投球スタイルだ。

 降板後、センターを守ったが、脚力があるので、守備範囲も広い。常にフルスイングを心がける打撃はまだコンタクト力が足りず、ほとんどが詰まり気味。速球、変化球に対してどうアプローチをしていくのか?学んでほしいことはいろいろあるが、ポテンシャルは非常に高く、楽しみな選手であることは間違いない。

 1回表、2奪三振に抑えた姫木を援護しようと打線は1回裏、東海大相模の先発・野口を攻める。一死一塁から3番牧原 巧汰が右前安打を放ち、一死一、三塁のチャンスを広げ、その後、満塁から3番姫木が詰まりながら中前適時打を放ち、1点を先制。さらに内野安打の間に1点を追加する。

 だが、東海大相模は2回表、一死三塁のチャンスから8番河邉 壮太の犠飛で1点を返し、3回表から武富が登板。武富は1年前よりもかなり成長を見せていた。ノーワインドアップから始動し、右足を高々を上げてから、徐々に重心を下げていき、インステップ気味に着地を行う。テークバックはコンパクトで、左ひじをしっかりと上げて、胸を張ることができている。そこから左腕を振り下ろすオーバーハンド。常時133キロ~138キロを計測し、最速142キロ。回転数が高いストレートに加え、120キロ台の横スライダー、120キロ後半で打者の手元で鋭く落ちるスラッター、100キロ台のカーブを投げる。特にスラッターの切れ味は鋭く、東海大相模の打者も思わず空振りをしてしまうほどの切れ味がある。

 ただこの男は違った。4番・山村 崇嘉は高めに浮いた136キロのストレートを逃さず、打った瞬間、本塁打と分かる当たりで、ライトスタンドへ持っていく高校通算30号本塁打は逆転2ランとなり試合をひっくり返す。本塁打を打つまでの過程が素晴らしく、力のあるストレートをファールにしたり、スライダーを見極めたりと、徐々に苦しめた上で甘いボールをパンチショットするという満点の打撃内容だった。高校2年生ができる芸当ではない。

 だが、武富も切り替えて、130キロ後半のストレート、スラッターを出し惜しみすることなく、低めに集め、東海大相模打線を打たせて取っていく。

 そして5回裏、日大藤沢も粘る。2番菅波靖哉が四球で出塁すると、菅波は盗塁を仕掛け、暴投の間に三塁へ。3番・牧原はライト線を破る適時二塁打で同点に追いつく。牧原は攻守ともに楽しみな逸材だ。スクエアスタンスで両ひざを曲げて構えて、インサイドアウトでボールを捉えることができる選手で、適時打を打つ前はホームラン性のファールもあった。

 注目してほしいのは1.9秒~2.0秒のスローイング。セカンドベースへ鋭角に投げることができる。フットワークも軽快で、内野手もできそうなほど足の運びが軽い。日大藤沢の捕手といえば、大型な捕手が多いイメージだが、好打者でセンス型の強肩捕手はなかなかいない。まだ2年生ということでぜひ注目していきたい選手だった。

【次のページ】 東海大相模vs日大藤沢(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2015年の東海大相模優勝メンバーから4選手が都市対抗野球に出場!! 【ニュース - 高校野球関連】
明石商・中森俊介が仮契約!即戦力度は近年のロッテの高校生投手ならばナンバーワン! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
館山昌平、復活への道
東海大相模 【高校別データ】
日大藤沢 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

東海大相模秋とは別のチームみたい。パンダマン 2019.04.23
凄い強い!
東海大相模あと3つですねコナン 2019.04.15
あと3つ勝てば第1シードで関東大会も出場ですね

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る