2019年04月14日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

向上vs湘南学院

2019年春の大会 神奈川県春季大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

野手の人材が豊富な向上 組織力の高さを発揮しベスト8へ!



先発・福島(向上)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 桐蔭学園を破った向上と、毎年上位に顔を出す日大高を破り4回戦へコマを進めた湘南学院の一戦。向上は3回戦で桐蔭学園の投手陣を攻略した打撃力を投手力が高い湘南学院相手にも発揮した。

 湘南学院の先発は福島 勇世。昨夏の時点から135キロ前後の直球を投げていた本格派右腕。この試合でも130キロ中盤~138キロと130キロ後半を何度も計測しており、平均球速は上がっている。夏には140キロも見込めるだろう。

 ただ気になったのはスライダーやチェンジアップなどが高めやベルトゾーンに集まっていること。向上打線はそれを見逃せなかった。

 5番赤城 昂太郎が四球で出塁し、6番小泉瑛輝はバスターエンドランを仕掛け、見事に右前安打を放ち、さらにバッテリーミスで二、三塁とチャンスを広げ、一死二、三塁から8番・松村 青の右前適時打で2点を先制。さらに二死となって1番岡崎 大輝が高めに入ったストレートを逃さず、打った瞬間、本塁打と分かる鋭いライナーでレフト席へ飛び込む2ランで4対0。さらに3回表には二、三塁のチャンスから敵失で2点を追加し、6対0とする。

 向上の先発は昨日に引き続き、松村が先発。コンパクトなテークバックから大きく胸を張って振り下ろすオーソドックスな右投手。ストレートのスピードは125キロ~128キロと決して速くないのだが、両サイドへの投げ分けがしっかりしていて緩いカーブや120キロ近い縦スライダー、スライダーを低めに投げ分ける。特にストレートとほぼ変わらない軌道で落ちる縦スライダーは見極めが難しく、湘南学院の打者は泳ぎ気味になりながら打ちに行く打球が多かった。

 試合は7回裏、湘南学院は一死一、二塁から1番相川が甘く入ったスライダーを捉え、レフトの頭を超える二塁打を放ち、2点を返したが反撃はここまで。向上がベスト8進出を決めた。

 向上は野手陣のレベルが高い。逸材野手の顔ぶれを次ページで紹介したい。

【次のページ】 向上vs湘南学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜、東海大相模、慶應義塾!強豪校がひしめく混戦ブロックを徹底分析! 【ニュース - コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
やっぱり神奈川はアツい!夏の神奈川大会は初戦から白熱の試合が続出? 【ニュース - コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
鎌倉学園vs向上【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第518回 主体性を持て!揺るがない根拠と自信を築き上げる日大桜丘!【野球部訪問】
湘南工大附vs湘南学院【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐蔭学園vs向上【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs横浜商大高【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
向上 【高校別データ】
湘南学院 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る