2019年04月13日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

立花学園vs横浜隼人

2019年春の大会 神奈川県春季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

ハイレベルな3回戦!お互いが光るパフォーマンスを随所に発揮



先発・佐藤一磨(横浜隼人)

 横浜隼人vs立花学園の一戦は投手戦となった。横浜隼人の先発は長身左腕・佐藤 一磨(3年)はなかなか面白い投手だった。長身で体つきもがっしりしているのだが、肩肘の柔軟性も高い投手。何より良いのは脱力が効いた投球フォーム。右手のグラブを軽く上げて、軽く添えるイメージ。同じ神奈川の左腕でも、勢いよくグラブを抱え込む投手と比べると一目瞭然の体の使い方である。

 投手にとってグラブを使う手の感覚、力の入れ具合はデリケートである。佐藤はこのフォームによって、しっかりと力が入るのだろう。腕の振りもスムーズで、頭の突っ込みもないため、軸のぶれもない。投球フォームのリズムが、「静→動」なので、常時130キロ~135キロのストレートはぴゅっと来る感覚に陥る。そのため差し込まれたフライが多かった。変化球は120キロ中盤のカット系の変化球、110キロ中盤のスライダー、110キロ中盤のチェンジアップを投げるが、投球の大半はストレート。高めでも勝負できる切れ味があり、大きくコントロールを乱すこともない。

 ピッチング以外にも目を向けると、1.2秒前後のクイックと速く、それでいてコントロールの乱れはなく、牽制もそつなくこなし、フィールディングではこの長身ながら身のこなしが良く、バントを二塁封殺もあった。タイプ的には横川 凱大阪桐蔭-巨人)に似たタイプといえる。

このメカニックのまま常時130キロ後半~140キロ前半まで伸びていけば、ドラフト候補として注目を浴びそうだ。長身でありながら、実戦レベルも高い面白い素材なので、さらに色気を出して、取り組んでほしい。

 立花学園は前チームからエースとしてマウンドに登る須田 悠斗が好投。昨年は常時120キロ台のストレートとスライダーを投げ分けるオーソドックスな右投手だった須田は昨年と比べると体つき、腰回りががっしりしている。パワーアップに伴い、平均球速は上がっており、常時125キロ~130キロの直球を計測。

 ただスピードは上がっていても高校生投手としては平均的な球速。それだけではスイングが鋭い横浜隼人打線を抑えることができない。須田がうまいのは同じ軌道に、スライダー、カーブ、チェンジアップを落として、フルスイングをさせないピッチングができること。2回裏、一死二、三塁のピンチを切り抜けたところからリズムに乗っていき、0を積み重ねていく。


【次のページ】 立花学園vs横浜隼人(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜と桐光学園が激突!!準々決勝2試合を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
三浦学苑vs立花学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
三浦学苑・長谷川翔が5安打完封で55年ぶりのベスト4進出! 【ニュース - 高校野球関連】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第213回 【逸材レポート】佐藤一磨(横浜隼人)「急成長!春から最速7キロも速くなった大型左腕」【ドラフト特集コラム】
日大藤沢vs横浜隼人【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
横浜隼人vs大磯【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第616回 見逃せない遠軽町の助成事業。目指すは町民の心を熱くするチームへ 遠軽(北海道)【後編】【野球部訪問】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜商vs横浜隼人【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
第392回 横浜隼人高等学校 高橋淳彦選手「中本牧シニア出身のスラッガーは宮里だけじゃない!」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
立花学園 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜隼人隼人を労い横尾大輔,須田寿(前桶川西中学校教頭) 2019.04.16
まだ力が足りなかったということ。試合をして弱点をしっかり探し出すことは大切だな。野球だけでなく、何でも事の中身をじっくり考えて勝利へ結び付けることが結果として敗因を見つけるのにもいいポイントになれるから。

夏へ向けて10年ぶりの選手権へ出ような。隼人野球部

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る