延長にもつれる一戦は向上が昨秋のリベンジを果たす!



見事リベンジを果たした向上

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 センバツ帰りの桐蔭学園。もう一度聖地を目指す戦いが保土ヶ谷球場から始まった。しかし思わぬ結果に終わる。

 初回、2番・山本 慎太朗が四球を選び、3番・森 敬斗がバントヒットでチャンスを作る。ここで4番・山﨑駿も繋ぐと、5番・上川 航平らのタイムリーで一挙5得点。桐蔭学園がリードを奪う。

 先発は長谷川 颯。独特な左半身の使い方をしながら始動していくフォーム。緩い変化球など緩急勝負のピッチャーだが、ボールが高い。初回は無失点で切り抜けるも、2回に6番・小泉瑛輝のヒットを皮切りに1点を返される。

 追加点を奪って試合の流れを掴みたかったが、向上2番手・松村 青の外角中心に低めを丁寧に突く投球で反撃ができない。

 6回には向上・7番・吉田風海のセンター前、7回は5番・赤城 昂太郎のショートゴロの間に1点を返され3対5とされる。

 2点リードしているが、桐蔭学園はチャンスを作れない。守備は次第に相手打線がつながりだしてしまい、流れは向上。何とかしのぎたいところだが、それは叶わなかった。

 8回から3番手・伊禮 海斗をマウンドに送り逃げ切りを図るが、一死から1番・岡崎 大輝のヒットをキッカケに4連打を浴びる。これで向上に遂に追いつかれ、試合は振り出しに戻る。

 試合は9回で決着がつかず迎えた10回、この回先頭の1番・岡崎にレフトへの二塁打を打たれ、得点圏にランナーを背負う。
 2番・井上琉希のショートゴロの間に三塁まで進み、3番・国崎 澪の打席で痛恨のバッテリーエラー。これが決勝点となり、桐蔭学園は5対6で向上に敗れた。同時に夏のシード権を失い、ノーシードから夏を戦うこととなった。

 敗れた桐蔭学園。初回こそ4連打などで5点を取るも、2回以降は散発4安打。残塁が11を記録し、ランナーを出した後の攻撃に課題が残った。

 一方昨秋のリベンジを果たした向上。この勝利に大きく貢献したのが2番手としてマウンドに上がったエース・松村だ。

 セットポジションから腕を下すことなく真っすぐ引いてテイクバックを取るコンパクトな上半身の使い方。腕はスリークォーターほどの高さから真っすぐと横のスライダーを外角中心にストライクゾーンへの出し入れで勝負。桐蔭学園打線からゴロアウトの山を築いていく、非常に丁寧なピッチングという印象を受けた。4回戦以降も同様のピッチングができるか、1つ注目したい。

 そして打線の方は長打で一気に得点を重ねるというよりも、後ろの打者へ繋いでいくチームバッティングが印象的なチームだった。
 コンパクトな構え、そしてシャープなスイングで確実にヒットを重ねる。そんなバッティングが桐蔭学園の8本を上回る14本のヒットを集め、相手にプレッシャーをかけた。

 プレッシャーを与えたのはグラウンドだけではない。スタンドにいる選手たちも全力で応援し、まさにベンチ、スタンドが一体となって勢いを作る全員野球の戦い方は昨秋の関東王者にプレッシャーを与え続けた。

 リベンジを果たした向上はどこまで勝ち上がれるのか。また桐蔭学園は今日の敗戦をどう活かすのか。両校の今後を注目したい。

(文=編集部)