2019年04月13日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

横浜vs星槎国際湘南

2019年春の大会 神奈川県春季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

横浜、大苦戦。2年右腕・木下幹也が強靭なメンタルを発揮し、2失点完投勝利!



先発・三浦舞秋(星槎国際湘南)

 横浜が初戦を迎えた。相手は強敵・星槎国際湘南だ。シートノックを見て、3回戦で激突するのは勿体ないぐらいレベルが高い。

 内野手のグラブ捌き、スローイングの強度・安定感、外野手のスピード、肩の強さ。どれをとっても県内上位クラス。

 星槎国際湘南の先発・三浦 舞秋(2年)は実に嫌らしい投手だ。桐蔭学園の伊禮タイプといったところか。伊禮と違うのは時間差や間合いで勝負する伊禮と違ってフォームで打ちにくさを生んでいるというところ。

 セットポジションから始動し、ゆったりと右足を上げていきながら、ゆっくりと着地を行う。ここまではゆったりとしているが、右腕のグラブを斜めに伸ばしていき、テークバックをとったときの一連の流れがスムーズで、トップに入ったとき、左ひじが隠れていて、出どころが完全に隠れている。また、トップに入ったとき、しっかりと胸を張って、上半身を旋回をさせていくので、リリースが見えにくい。高校2年生にしては完成されている投手だ。

 フォームのリズムが取れているので、引っ掛けるような腕の振りもない。ストレートは常時125キロ前後と速くないが、真ん中に入ることはほとんどない。それ以上に打ちにくいのが、100キロ台を割るカーブ。さらに110キロ台のチェンジアップ、スライダーも緩やかな曲がりなので、ストレートと腕の振りがほぼ変わらず、しかも打者の手元から一気にひざ元に大きく落ちるので、横浜の打者は大苦戦。

 こういう投手に対しては高めに浮いたストレートをパンチショットして、リズムを崩すしかないが、そういうボールはほとんどこない。星槎国際湘南バッテリーはシングルヒットは割り切っている様子で、2回表、横浜小泉 龍之介からの二塁打でチャンスを作り、8番木下 幹也のセンターへポトリと落ちる適時打で1点を先制を許すが、あまり気にしていない様子。切り替えた三浦はストレートとチェンジアップ、カーブのコンビネーションを駆使し、横浜打線を抑える。



先発・木下幹也(横浜)

 一方、横浜の先発は木下。横浜投手陣の中で最も再現性が高い投球ができる右腕。この試合では常時135キロ前後(最速138キロ)のストレートを両サイドに散らせながら、120キロ後半のスライダー、スプリット、曲がりが大きい120キロ前後のスライダー、100キロ台のカーブと多彩な球種を投げ分け、星槎国際湘南打線を打たせない。4回裏には2番茂木陸の二塁打、3番石綿の適時打で同点を許すが、後続を抑え、5回まで1対1のまま後半戦を迎えた。

 お互い決定打が出ないまま、試合は8回へ。一死三塁のピンチから星槎国際湘南は投手交代。三塁に入った一柳 大地が登板。ここでスクイズを仕掛けた横浜だが、失敗に終わり、一柳が抑える

 一柳はなかなかの好右腕だった。コンパクトなテークバックから胸を大きく張って真上から振り下ろすオーバーハンドで、最速は8回裏に計測した142キロ。常時135キロ前後の速球、100キロ台のカーブ、110キロ台のスライダー、110キロ台のチェンジアップを投げ分ける。肩、ひじの柔軟性の高さ、腕の振りの鋭さを見ると、夏では最速145キロも見える。

 この投手を短いイニングで攻略するのは難しい。9回表は無得点に終わる。

 9回裏、木下が必死の力投で抑え、試合は延長戦へ。

 長く続いた投手戦にピリオドを打ったのは横浜の3番度会だった。甘く入ったスライダーを振り抜いた打球はライトスタンドへ消えるソロ本塁打となり、勝ち越しに成功する。



適時二塁打を放った・吉原大稀(横浜)

 そして延長12回表、横浜は先頭の度会が再びレフトの頭を超える二塁打。その後、敵失で無死一、三塁になると、5番・吉原 大稀が右中間を破る適時二塁打で2点を勝ち越し。さらに、敵失で5対2と3点差とした。

 木下は最後まで安定感があった。以前よりも歩幅が広くなり、上半身の旋回も鋭くなり、キレの良い投球フォームとなった。マックスの力を出せば、140キロを出せる投手だが、この日は最後まで先発投手らしい7割~8割の力で、コントロール、キレを兼ね備えた135キロ前後のストレートを両サイドへ投げ分け、要所では120キロ後半のスプリットで空振りを奪い、15奪三振、2失点完投勝利。

 昨年から先発として試合を作ることはあったが、先発として延長を経験して、完投したのは初めてだろう。11回裏、無死一、二塁のピンチを招いたが、それでも落ち着いて無失点に抑え、勝利を勝ち追った成功体験は絶対にものになるはずだ。

 初戦ということで硬さがあり、リズムに乗り切れていない中で強敵との初戦は非常に苦しいものはあったが、この試合を機に乗っていく可能性は大いにあるだろう。

 敗れた星槎国際湘南は惜しかったが、以前よりも試合運びが落ち着き、横浜相手にも自分たちの野球ができるようになった。ノーシードとなるが、エース・一柳、左腕の三浦は進化が楽しみな逸材であり、守備力も高いレベルにある。このチームがノーシードに回るのはとても怖いのではないだろうか。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ヤクルト、楽天はチャレンジャー?過去10年の高卒1位競合選手からドラフトを振り返る! 【ニュース - コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
順調な歩みを見せる大型左腕・松本隆之介 その魅力を徹底解説 【ニュース - コラム】
第225回 横浜期待の星・松本隆之介 順調な歩みを見せる大型左腕のストロングポイントは?【ドラフト特集コラム】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
鶴見vs横浜南陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
星槎国際湘南 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

横浜球速やないわなたろう 2019.04.13
ピッチャーはスピードではないな
頑張れえ及川くん
横浜がんばれ横浜ゆうこりん 2019.04.13
横浜高校大好き
星槎国際湘南頑張れ踏ん張れ!バービー 2019.04.07
昨年夏、横浜高校に惜しくも一旦差で敗れた星槎国際湘南。あの試合のリベンジで横浜に勝って夏も甲子園に行ける事をお祈りしています。

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る