Y校が盤石の戦いで3回戦へ!篠崎が7回参考ノーヒットノーランの快投!



7回参考ノーヒットノーランの篠崎悠人(横浜商)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 横須賀スタジアムでの第1試合は、シード校の横浜商が登場した。エースの篠崎を中心に高い総合力を見せて、ベスト8まで進出した横浜商。この試合でも、その実力を遺憾なく発揮した。

 まずは1回、横浜商はランナー二人を置いた場面で、打席には4番の関大斗が入る。甘く入った直球を振りぬくと、打球は右中間スタンドに飛び込む先制のスリーランホームランとなった。

 この先制点で勢いに乗った横浜商は、その後も生田東に猛攻を浴びせる。2回に1番・及川博樹のレフト前タイムリーなどで2点を追加すると、3回にも9番・篠崎 悠人のライトへの犠牲フライでさらに1点を追加。
 序盤までにリードを6点に広げ、試合を優位に進めていく。

 横浜商の先発は背番号1を背負う篠崎 悠人。スリークォーターからキレのある直球を投げ込める右腕だ。直球とスライダーをコーナーにしっかりと突いていき、時折投げ込む緩いカーブも効果的なアクセントとなり、生田東打線に得点どころかヒットすら与えない。
 篠崎の快投が、横浜商の試合運びをより盤石なものにしていいく。

 横浜商は、7回表に7番・鈴木の犠牲フライで点差を7点に広げると、7回裏の守備も篠崎 悠人がきっちりと締めてコールドゲームが確定。横浜商が盤石の試合運びを見せて3回戦進出を決めた。

 先発の篠崎 悠人は、参考記録ながら何と7回をノートヒットノーランに抑える快投を見せた。与えた四死球も1つのみで、まさに隙のない投球であった。
 打線も本塁打を放った4番の関大斗を中心に、高いポテンシャルを秘めた打者が揃っている。

 昨秋は、準々決勝で慶應義塾に8対1と大差をつけられての敗退となっただけに、この春季大会では夏に向けて存在感を示したところだ。

(文=栗崎 祐太朗)