先制されても、追撃をされても、決して焦ることがなかった大和が2回戦へ



先発して好投を見せた八田(大和)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨秋は、神奈川県大会2回戦で敗れた大和に対して、相模原総合はブロック予選で敗れた。大和にやや分があるかと思われた対戦となったが、先制したのは相模原総合だった。

 1回裏、相模原総合は二死から3番・鈴木がレフト線へのツーベースヒットでチャンスメイクすると、続く4番・平原がセンター前へのタイムリーを放ち、鈴木が先制のホームを踏んだ。

 一方、先制を許した大和も、打順が一回りした辺りから少しずつ相模原総合の先発・加納を捕え始める。
 4回表、大和は一死二塁のチャンスを作ると、4番・石田がセンターオーバーのタイムリーツーベースを放ち同点に追いつく。さらにその後も、一死三塁とチャンスは続き、打席には5番の岩永。変化球を引っかけた打球はセカンドゴロとなるが、この間に三塁ランナーの石田も生還。大和が逆転に成功し、これで試合の流れは大和へと傾いた。

 5回表に3番・谷田のタイムリーで1点を追加した大和は、6回表にも8番・山本のタイムリーツーベースでさらに1点を追加する。7回にもさらに1点を追加した大和は、5対1と点差を4点に広げ、試合を優位に進めていく。

 大和の先発・八田は、キレのある直球を低めに丁寧に集める投球で、安定した投球を見せる。7回裏に、パスボールなどで2点を失ったものの、焦ることなく後続を切って取り、以降は相模原総合に得点を許さなかった。

 結局試合は6対3で大和が逃げ切り、2回戦進出を決めた。大和は明日、3回戦進出を懸けて日大高と対戦する。先制されても、追撃をされても、決して焦ることがなかった大和の、明日の戦いぶりにも注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)