2019年03月23日 大和スタジアム(ドカベンスタジアム)

秦野曽屋vs綾瀬西

2019年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 湘南地区 湘南地区 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


打線の軸となる田中(秦野曽屋)

 5回表に一死一、二塁の場面を作ると4番・宮原がこの日2本目となるツーベースで2点の勝ち越しに成功。点差を離されまいと、綾瀬西も7番・阿部のタイムリーで1点を返す。毎イニング塁を賑わす両チームだが、7回9回と秦野曽屋が小刻みに点を重ねる。綾瀬西も前半同様食らいつきたいところだが、前半までの勢いはなく、とうとう3点差のまま最終回を迎える。

 秦野曽屋のマウンドには、6回からサードの塩田が上がっている。投手経験が少ないのか、多少野手投げではあるが、サード特有の肩の強さを生かしたストレートが魅力。

 6回以降は音沙汰なしの綾瀬西打線でだったが、ここで疲れの見える塩田のストレートを打ち始める。連打で無死一、三塁の絶好のチャンスを作る。続く9番・落合の打球はショートへ転がるが、落合は全力疾走。これを焦ったショートが悪送球を誘い1点を返す。なおも、無死二、三塁で1番・田畑がライトも前にポトリと落ちるヒットでついに1点差とする。押せ押せムードの綾瀬西ベンチ。

 しかしここから、塩田がギアを上げたかのようにキレあるストレートを連発。後続の3人を3者連続三振に切って取り試合終了。綾瀬西の猛追を振り切り、秦野曽屋が見事勝利した。

 秦野曽屋は、目立つ選手はいないが各々が自分の仕事をこなし、全体で戦っているのが感じ取れた。その中でも、1番・田中は軸となる選手である。球威のある相手投手金子のストレートを試合開始の初球ファーストスイングできっちり捉える力は見事。しっかりとした、準備がおろそかになると立ち遅れしてしまうくらい球威のあるストレートであったがさすがの一打である。

 一方、敗れた綾瀬西だが、エース金子を中心とした好チームであった。だが、夏に向けて先を見据えるならば金子の球種が一つカギを握ると推測する。観戦していると、ストレートとカーブの2球種しか配球の組み立ての中に組み込まれていなかった。手元でピュっとくるストレートではあるが、一回りが限界だと考えると、落ちる系やカット系の球種を増やすともっと投球の幅出来てくる。

 夏に向けた綾瀬西の金子投手の頑張りに一つ期待したい。

(取材=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大和南、湘南工大附などが勝利!神奈川県春季大会地区予選4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
光明相模原、厚木北などが勝利!ブロック予選4試合を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
厚木北vs柏木学園【神奈川県 2018年秋季神奈川県大会 地区予選】
相模原中等教育vs秦野曽屋【神奈川県 2018年秋季神奈川県大会 地区予選】
向上vs綾瀬西【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会地区予選】
第467回 春季神奈川県大会開幕!注目のブロックと好カードは?【春季神奈川大会展望】【大会展望・総括コラム】
綾瀬西vs橋本【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会地区予選】
平塚学園vs秦野曽屋【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
第323回 【神奈川展望】神奈川大会組み合わせ決定!激戦のブロック、強豪校の戦いを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第132回 【春季大会展望】目指すは夏のシード権!激戦の神奈川春季県大会展望!【大会展望・総括コラム】
綾瀬西 【高校別データ】
秦野曽屋 【高校別データ】
春季神奈川県大会 湘南地区予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る