終盤の猛追を振り切り秦野曽屋が勝利を掴む!!



ドキドキの最終回からの満面の笑み(秦野曽屋)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 大和スタジアムで行われた第二試合。3月下旬ではあるが、手もかじかむような天候のなか秦野曽屋綾瀬西の一戦が始まる。

 綾瀬西の先発マウンドには、左腕・金子が上がった。金子は、球威のあるストレートとカーブを織り交ぜながら強弱をつけた投球を展開する。
 その金子の立ち上がりを攻めたのが秦野曽屋の1番・田中だ。初球のストレートを完璧に捉え左中間を割るツーベースで出塁。この後の秦野曽屋の選手を見ても、田中が一番バットが振れており打線の中心選手であることは間違いない。後続倒れ二死、三塁となるが相手のエラーで先制する。

 秦野曽屋の先発マウンドに上がったのは宮原。宮原はコントロールが最大の武器。特徴のあるボールは投げないが、インサイドを果敢に攻める大胆さで的を絞らせない。立ち上がりは内野安打を許すが、後続を断ち順調な滑り出し。

 試合は一進一退の攻防を繰り広げる。
 3回裏の綾瀬西の攻撃。8番・金子、9番・落合が連続ヒットでチャンスメイク。その後、一死、二、三塁となると2番・小里がライトに犠牲フライを放ち同点にする。しかし、二塁走者は三塁タッチアウトとなり、この回は同点止まり。

 このプレーで沸き立つ秦野曽屋ベンチの熱が冷めやらぬ4回表の攻撃。4番・宮原がライト線へのツーベースで出塁。5番・菅野が犠打を決めると6番・塩田がスクイズを敢行。これが見事に決まり勝ち越しに成功。負けじと4回裏、綾瀬西の攻撃は3番・和田がスリーベースで出塁すると4番・宮崎がタイムリーを放ちすぐさま同点。