2019年03月02日 横浜スタジアム

秦野リトルシニアvs麻生ボーイズ

2019年 第7回DeNAベイスターズカップ 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

清水樹が圧巻の完封!秦野リトルシニアが準決勝へ!



完封勝利を挙げた清水樹(秦野リトルシニア)

 第7回を迎えたベイスターズカップ。2日間行われる予定となっているこの大会の1日目、第4試合はリトルシニア代表として3年ぶり2度目の出場となる秦野リトルシニアとボーイズリーグ代表としてこちらも3年ぶり2度目の出場となる麻生ボーイズの一戦となった。

 1回表、麻生ボーイズの攻撃でプレイボール。秦野リトルシニアの先発・清水は先頭の山口に対しストレートの四球を与えてしまう。2番・小池が初球できっちり送りバントを決め早くもチャンスメイクに成功。しかし、清水はここから麻生ボーイズの3番、4番を連続三振で抑え先制点を与えなかった。1回裏、麻生ボーイズの先発・山口の立ち上がりは、先頭打者を見逃し三振に仕留める好スタート。上笹、米山に単打を許し走者を背負うもこちらも無失点の立ち上がりとなった。

 試合は2回裏に動いた。秦野リトルシニアはこの回の先頭、吉田が1ボール2ストライクと追い込まれながらもセンター前に安打を放った。その後送りバントで走者を進め先制のチャンス。石澤が死球で1塁に進み一死一、二塁。この場面で打者は9番の平岡。初球を思い切りよくとらえた打球はライトの頭を超える先制のタイムリー三塁打。勢いに乗った秦野リトルシニア打線は上笹にも右中間への三塁打が飛び出しさらに1点を追加し3対0とした。



リリーフで好投を見せた先発の角井優(麻生ボーイズ)

 その後も秦野リトルシニアの先発・清水は抜群の制球力とこの冬の課題としてきた直球の強さを武器に無失点のまま試合を作り横浜スタジアムのスコアボードに0を並べた。対する麻生ボーイズも3回からマウンドに上がった角井がストレートとスライダーを軸に出塁を許すも粘りのピッチングで追加点を与えず試合は中盤を終え3対0で秦野リトルシニアがリードする展開で終盤へと進んでいった。

 最終回のマウンドにも秦野リトルシニアは清水が上った。3点を追う麻生ボーイズは一死から佐々木がファーストストライクをとらえレフト前へ。三塁スタンドは盛り上がりを見せたが続く角井が三球三振。そして山口も初球を打ち上げセカンドフライでゲームセット。

 秦野リトルシニアの先発・清水は7回を投げ5本の安打を許したが無失点で完封勝利となった。ヒット数は1本差だったが下位打線がつながりを見せ、長打も絡めた秦野リトルシニアが効率よく得点を奪った。また、捕手の平岡も9番ながら先制タイムリーとなる逆方向への三塁打、そして好リードと存在感を見せ明日行われる準決勝以降に期待がかかる。

(取材=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ベイスターズカップ優勝捕手の輝いた前嶋藍(オセアン横浜クラブ)を紹介! 【ニュース - インタビュー】
第925回 思考力に秀でたベイスターズカップ優勝捕手 前嶋藍(オセアン横浜クラブ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
ベイスターズカップで見せた完封劇!清水樹(秦野リトルシニア)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第913回 「球威」と「制球」を両立させた伸び盛りの本格派 清水樹(秦野リトルシニア) 【ネクスト球児インタビュー2019年】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る