2019年03月02日 横浜スタジアム

ヤングオセアン横浜クラブvs相模ボーイズ

2019年 第7回DeNAベイスターズカップ 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

前嶋藍が会心の狙い撃ち!オセアン横浜クラブが逆転勝ちで4強入り



逆転打を放ち雄叫びを上げる前嶋藍(オセアン横浜クラブ)

 1979年に創部し、田中 広輔選手(広島)や田中 俊太選手(巨人)、横尾 俊建選手(日本ハム)などを輩出した歴史を持つ相模ボーイズ。対するヤングオセアン横浜クラブは、創部7年目で初のベイスターズカップ出場を果たした、神奈川県内でも注目の新鋭チームだ。

 試合は初回から大きく動く。
 1回表、相模ボーイズはいきなり二死二塁のチャンスを作ると、3番・吉田耀がレフト前へタイムリーヒットを放って1点を先制する。さらに続く、4番・梶拓斗もレフトーバーのスリーベースヒットを放って追加点を挙げると、その後さらに2点を挙げて、初回だけで4得点。いきなり大きな先制パンチを食らわせた。

 だが、オセアン横浜クラブもその裏すぐに反撃にでる。
 ヒットと四球で一、二塁のチャンスを作ると、3番・緒方漣がバントを仕掛ける。手堅くランナーを送ったかに見えたが、2塁ランナーの堂上翔が、相手捕手の一瞬の隙を突いてそのまま一気にホームイン。流れは簡単には渡さない。

 さらに3回、オセアン横浜クラブは満塁の大チャンスを作ると、相手のミスにつけ込み1点を挙げ、その後6番・岡本創太郎、7番・吉永友太郎の連続タイムリーで、この回一挙3得点。序盤のうちに試合を振り出しに戻し、両者がっぷり四つの展開へと突入する。



好投を見せた坂根淳介(相模ボーイズ)

 その後は両者無得点が続く。緊迫した空気が続いたが、均衡を破ったのはオセアン横浜クラブだった。
 6回裏、先頭の8番・土屋晴聖が死球で出塁すると、その後一死一、二塁とチャンスを広げ、打席に向かえるのは2番・前嶋藍。甘く入ったボールを引っ張ると、これがレフトへの勝ち越しタイムリーヒットとなり、オセアン横浜クラブはついに逆転に成功する。

 試合はそのまま5対4で終了し、オセアン横浜クラブが会心の逆転勝利で準決勝進出を果たした。
 試合後、逆転のタイムリーを放った前嶋は「キャッチャーの声がインコースから聞こえたので狙っていました。自分たちは後半に強いチームなので、後半に決めることができて良かったと思います」話し、インコースに狙いを定めた一打だったことを明かした。

 また柳川洋平監督も「選手たちと4点、5点の差なら行けるという話は選手たちとしていました。この代は練習の量をたくさんやらせたので、そういったところが試合の後半の強さに出たと思います」と語り、選手たちへの信頼感を伺わせた。

 オセアン横浜クラブは、明日の第2試合で秦野リトルシニアと対戦する。明日3日の試合も、粘りの野球ができるか注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ベイスターズカップ優勝捕手の輝いた前嶋藍(オセアン横浜クラブ)を紹介! 【ニュース - インタビュー】
第925回 思考力に秀でたベイスターズカップ優勝捕手 前嶋藍(オセアン横浜クラブ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
雨天のため16日へ延期、ベイスターズカップ準決勝の見所を紹介! 【ニュース - 中学野球関連】

応援メッセージ (1)

いい試合でした!ベイファン 2019.03.04
両チームとも中学生の高レベルな技能、作戦とても素晴らしかったです!
応援も素晴らしいブラスバンド隊!VS暖かみのある選手父兄の応援!これもどちらも素晴らしかったです!

ただ残念なのは「〇〇倒せ!」とプロ野球の応援団と勘違い?それとも元々そういう応援をしてるのか?およそ中学生の試合としては好ましくない応援がありました。
高校野球においてもマナーとしてあるまじき行為なので、応援方法を考え直してみては?
ベイファンとしてはシーズン前に3塁側からの阪神のチャンステーマだったので1足先に聞けて楽しくもありました。

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る