2018年10月07日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

横浜vs桐蔭学園

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

好投の木下幹也(横浜)

 木下の好投で横浜は試合の流れを掴むと、5回には4番・内海 貴斗桐蔭学園2番手・伊禮海斗からライトへホームランを放ち5対2。

 後半6回には3番・度会 隆輝のタイムリーで、4点差に広げる。

 しかし直後の守備、7番・文殊のレフトフェンスダイレクトの二塁打と、代打の神田一汰のセンター前で無死一、三塁のピンチ。

 ここで好投を続ける木下から3番手・黒須 大誠にスイッチ。黒須は旧チームから公式戦のマウンドに上がっており経験は豊富。

 その黒須は9番・清水 聖を併殺打に仕留めると、1番・冨田 健悟をライトフライ。見事ピンチを無失点に抑えてみせた。

 すると横浜は8回、9回で得点を重ねて試合を決定付けると、最後も黒須が桐蔭学園を無失点に抑えてゲームセット。11対2で横浜が優勝を決めた。

 今日の決勝戦も先制を許した横浜。思わぬ先制攻撃に横浜サイドには動揺が見られた。

 しかし、2回に勝ち越しをしてからは落ち着きを取り戻し、磐石な試合運びを見せた。

 ただこの試合は13の残塁を記録している。少し多いように感じられるが、これを取りこぼすことなく点数を取りきれるようになると、打線を止められそうにない。

 関東大会ではどんな野球を見せるのか、注目したい。

 一方敗れた桐蔭学園。前半は横浜と競った試合展開をしていただけに、後半の立て続けの失点は痛かった。

 またこの試合通じて4エラーも痛かった。2回の4失点は2つのエラーから始まっており、これがなければ試合の流れはもしかすると違っていたかもしれない。

 横浜相手に9安打を放っている打線は必ず関東大会でも通じるはず。ただ勝つためには、どれだけ守備で粘れるか。ここが桐蔭学園の選抜への道を左右しそうだ。

 

(文・写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
吉田輝星(金足農出身)から2安打放った遠藤圭吾(横浜出身)がボートレーサー挑戦へ!2018年の横浜ナインの現在地 【ニュース - 高校野球関連】
村田浩明氏が監督就任の横浜は「ドラフト候補集団」 【ニュース - コラム】
第108回 新体制でスタートを切る横浜はドラフト候補集団【高校野球コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1047回 覚醒目前!強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス 【2019年インタビュー】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
桐蔭学園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜甲子園でのプレーが楽しみ野球ファン 2018.10.06
横浜高校野球部の皆さん頑張ってください!!
また、素晴らしい吹奏楽部応援も楽しみです。
個人的に日大三高と横浜高校のファンです。
甲子園で一緒に活躍しているプレーが見たいです!!

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る