2018年10月07日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

横浜vs桐蔭学園

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜が桐蔭学園を圧倒!11得点で優勝を飾る



逆転ホームランを放った小泉龍之介(横浜)

 3連休の中日とあって、子供連れの家族や学生たちも多く駆けつけたバッティングパレス相石ひらつかスタジアム。ここで、横浜桐蔭学園の決勝戦が行われた。

 秋の神奈川王者を決める一戦は初回から動く。

 横浜先発は1年生・松本 隆之介。投球練習から少しボールが上ずり、立ち上がりが不安だったが、その予感は的中。

 一死から桐蔭学園2番・山本 慎太朗を四球で歩かせると、3番・森 敬斗の打球を味方がエラー。一死一、二塁といきなりピンチを招くと、4番・上川 航平に高めに浮いたボールをセンターへ弾き返される。

 この一打で二塁ランナー・山本の生還を許すと、続く5番・馬場 愛己にもセンターへタイムリーを許して0対2。桐蔭学園の先制パンチを受けた横浜は、早くも2番手・木下 幹也にスイッチ。

 試合が始まって間もなかったこともあり、おそらく準備不足でマウンドに上がったと思われる木下。桐蔭学園6番・川久保 瞭太に四球を与えて、自らピンチを広げてしまう。

 しかし、7番・文殊玄基を三振に抑えると、8番・長谷川颯はセカンドゴロ。何とか初回のピンチを切り抜けた。

 この満塁を2点で凌げたのが大きかった。
 2回表の攻撃で、6番・津田 啓史、7番・大手晴が相手のエラーでチャンスを作ると、8番・木下がレフトのタイムリーで1点を返す。

 すると9番・山口 海翔が送って一死二、三塁で一打逆転のチャンスを演出。ここで1番・小泉 龍之介が昨日に続いてまたもホームラン。この一打で3点を奪って横浜が逆転に成功する。

 2点のリードをもらった2番手の木下は、その後ストレートは上ずっても、内と外を丁寧に投げ分ける。そして追い込んでからは低めにスライダーを集めて、桐蔭学園に反撃を許さない。

【次のページ】 横浜vs桐蔭学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
選抜出場・桐蔭学園と明石商が招待試合で宮崎の強豪と接戦を演じる! 【ニュース - 高校野球関連】
センバツ出場校も登場!恒例の九州で行われる招待試合に注目! 【ニュース - 高校野球関連】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
第79回 令和がスタート。令和元年の怪物候補8名をピックアップ!【高校野球コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第889回 東海大相模が最右翼!春季神奈川県大会準決勝の見所をチェック!【大会展望・総括コラム】
横浜vs弥栄【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
桐蔭学園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜甲子園でのプレーが楽しみ野球ファン 2018.10.06
横浜高校野球部の皆さん頑張ってください!!
また、素晴らしい吹奏楽部応援も楽しみです。
個人的に日大三高と横浜高校のファンです。
甲子園で一緒に活躍しているプレーが見たいです!!

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る