横浜が桐蔭学園を圧倒!11得点で優勝を飾る



逆転ホームランを放った小泉龍之介(横浜)

 3連休の中日とあって、子供連れの家族や学生たちも多く駆けつけたバッティングパレス相石ひらつかスタジアム。ここで、横浜桐蔭学園の決勝戦が行われた。

 秋の神奈川王者を決める一戦は初回から動く。

 横浜先発は1年生・松本 隆之介。投球練習から少しボールが上ずり、立ち上がりが不安だったが、その予感は的中。

 一死から桐蔭学園2番・山本 慎太朗を四球で歩かせると、3番・森 敬斗の打球を味方がエラー。一死一、二塁といきなりピンチを招くと、4番・上川 航平に高めに浮いたボールをセンターへ弾き返される。

 この一打で二塁ランナー・山本の生還を許すと、続く5番・馬場 愛己にもセンターへタイムリーを許して0対2。桐蔭学園の先制パンチを受けた横浜は、早くも2番手・木下 幹也にスイッチ。

 試合が始まって間もなかったこともあり、おそらく準備不足でマウンドに上がったと思われる木下。桐蔭学園6番・川久保 瞭太に四球を与えて、自らピンチを広げてしまう。

 しかし、7番・文殊玄基を三振に抑えると、8番・長谷川颯はセカンドゴロ。何とか初回のピンチを切り抜けた。

 この満塁を2点で凌げたのが大きかった。
 2回表の攻撃で、6番・津田 啓史、7番・大手晴が相手のエラーでチャンスを作ると、8番・木下がレフトのタイムリーで1点を返す。

 すると9番・山口 海翔が送って一死二、三塁で一打逆転のチャンスを演出。ここで1番・小泉 龍之介が昨日に続いてまたもホームラン。この一打で3点を奪って横浜が逆転に成功する。

 2点のリードをもらった2番手の木下は、その後ストレートは上ずっても、内と外を丁寧に投げ分ける。そして追い込んでからは低めにスライダーを集めて、桐蔭学園に反撃を許さない。