2018年10月07日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

横浜vs桐蔭学園

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜が桐蔭学園を圧倒!11得点で優勝を飾る



逆転ホームランを放った小泉龍之介(横浜)

 3連休の中日とあって、子供連れの家族や学生たちも多く駆けつけたバッティングパレス相石ひらつかスタジアム。ここで、横浜桐蔭学園の決勝戦が行われた。

 秋の神奈川王者を決める一戦は初回から動く。

 横浜先発は1年生・松本 隆之介。投球練習から少しボールが上ずり、立ち上がりが不安だったが、その予感は的中。

 一死から桐蔭学園2番・山本慎太朗を四球で歩かせると、3番・森敬斗の打球を味方がエラー。一死一、二塁といきなりピンチを招くと、4番・上川航平に高めに浮いたボールをセンターへ弾き返される。

 この一打で二塁ランナー・山本の生還を許すと、続く5番・馬場愛己にもセンターへタイムリーを許して0対2。桐蔭学園の先制パンチを受けた横浜は、早くも2番手・木下 幹也にスイッチ。

 試合が始まって間もなかったこともあり、おそらく準備不足でマウンドに上がったと思われる木下。桐蔭学園6番・川久保瞭太に四球を与えて、自らピンチを広げてしまう。

 しかし、7番・文殊玄基を三振に抑えると、8番・長谷川颯はセカンドゴロ。何とか初回のピンチを切り抜けた。

 この満塁を2点で凌げたのが大きかった。
 2回表の攻撃で、6番・津田 啓史、7番・大手晴が相手のエラーでチャンスを作ると、8番・木下がレフトのタイムリーで1点を返す。

 すると9番・山口 海翔が送って一死二、三塁で一打逆転のチャンスを演出。ここで1番・小泉 龍之介が昨日に続いてまたもホームラン。この一打で3点を奪って横浜が逆転に成功する。

 2点のリードをもらった2番手の木下は、その後ストレートは上ずっても、内と外を丁寧に投げ分ける。そして追い込んでからは低めにスライダーを集めて、桐蔭学園に反撃を許さない。

【次のページ】 横浜vs桐蔭学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
目指すは日本の4番!野村佑希(花咲徳栄)が語る最後の夏とは? 【ニュース - インタビュー】
第774回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
秋季関東大会の組み合わせが決定!横浜や中央学院の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
桐蔭学園vs厚木北【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs横浜商【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐蔭学園vs光明相模原【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第766回 U18日本代表の前に立ちはだかるのはこの選手!韓国代表の注目投手3人を紹介!【大会展望・総括コラム】
第750回 日本必殺の左のスペシャリストへ!板川佳矢(横浜)が期待できる理由 【2018年インタビュー】
第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」【大会展望・総括コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第705回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
桐蔭学園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜甲子園でのプレーが楽しみ野球ファン 2018.10.06
横浜高校野球部の皆さん頑張ってください!!
また、素晴らしい吹奏楽部応援も楽しみです。
個人的に日大三高と横浜高校のファンです。
甲子園で一緒に活躍しているプレーが見たいです!!

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る