2018年10月06日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

横浜vs慶應義塾

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

衝撃の結末!小泉が一振りで劣勢を一気に覆す逆転サヨナラ弾!



及川雅貴(横浜)

 勝負は一振りにして決まった。

 今年の南神奈川代表・横浜と北神奈川代表・慶應義塾の一戦は序盤から緊迫感のある戦いが続いた。

 横浜の先発は最速152キロ左腕・及川 雅貴。立ち上がりはなかなか制球が定まらず、慶應義塾1番・斎藤 俊に四球をを与えるなど二死一、三塁のピンチを招きつつも、5番・佐藤 一郎を三振に取ってピンチを脱する。

 この勢いで先制点といきたい横浜だが、慶應義塾先発の田口 義将 の前にランナーを出すことが出来ない。

 横浜先発の及川は2回以降も制球に苦しみながらも、要所で切れ味抜群のスライダーを低めに集めて慶應義塾打線を抑える。一方、田口は抜群の安定感のピッチングで強打の横浜打線を封じ、制球に苦しむ及川とは対照的にリズムよく0を重ねる。

 及川、田口の両投手が一歩も譲らぬ投手戦はどちらが1点を先にとるのか。観客の注目が集まる中、7回に試合が動いた。



田口義将(慶應義塾)

 この回先頭の8番・善波 力がセンター前で出塁させると、9番・田口は送りバントを敢行。この打球を及川が掴み、一塁に送球。だがこの送球が逸れてしまい打者ランナーはセーフ。

 さらにバッテリーエラーでランナーの進塁を許しピンチを広げるものの、1番・斉藤をピッチャーゴロに打ち取り、一死二、三塁。

 ピンチは続くが、2番・吉川 海斗はここまでヒットがない。ここも打ち取って二死にしたいところで、打球は三遊間へ。決して強い当たりではなかったが、横浜は前進守備を敷いていた分、左右に転がる打球に間に合わない。

 打球はレフトまで転がり、三塁ランナーが生還。横浜が先取点を許してしまった。

【次のページ】 横浜vs慶應義塾(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
村田浩明氏が監督就任の横浜は「ドラフト候補集団」 【ニュース - コラム】
第108回 新体制でスタートを切る横浜はドラフト候補集団【高校野球コラム】
「Aチームの選手と遜色ない実力を持った選手が何人かいる」堀井監督が期待する慶応大学の新入生たち 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜横浜高校やす 2018.10.07
おめでとう㊗️

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る