2018年10月06日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

横浜vs慶應義塾

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

衝撃の結末!小泉が一振りで劣勢を一気に覆す逆転サヨナラ弾!



及川雅貴(横浜)

 勝負は一振りにして決まった。

 今年の南神奈川代表・横浜と北神奈川代表・慶應義塾の一戦は序盤から緊迫感のある戦いが続いた。

 横浜の先発は最速152キロ左腕・及川 雅貴。立ち上がりはなかなか制球が定まらず、慶應義塾1番・斎藤 俊に四球をを与えるなど二死一、三塁のピンチを招きつつも、5番・佐藤 一郎を三振に取ってピンチを脱する。

 この勢いで先制点といきたい横浜だが、慶應義塾先発の田口 義将 の前にランナーを出すことが出来ない。

 横浜先発の及川は2回以降も制球に苦しみながらも、要所で切れ味抜群のスライダーを低めに集めて慶應義塾打線を抑える。一方、田口は抜群の安定感のピッチングで強打の横浜打線を封じ、制球に苦しむ及川とは対照的にリズムよく0を重ねる。

 及川、田口の両投手が一歩も譲らぬ投手戦はどちらが1点を先にとるのか。観客の注目が集まる中、7回に試合が動いた。



田口義将(慶應義塾)

 この回先頭の8番・善波 力がセンター前で出塁させると、9番・田口は送りバントを敢行。この打球を及川が掴み、一塁に送球。だがこの送球が逸れてしまい打者ランナーはセーフ。

 さらにバッテリーエラーでランナーの進塁を許しピンチを広げるものの、1番・斉藤をピッチャーゴロに打ち取り、一死二、三塁。

 ピンチは続くが、2番・吉川 海斗はここまでヒットがない。ここも打ち取って二死にしたいところで、打球は三遊間へ。決して強い当たりではなかったが、横浜は前進守備を敷いていた分、左右に転がる打球に間に合わない。

 打球はレフトまで転がり、三塁ランナーが生還。横浜が先取点を許してしまった。

【次のページ】 横浜vs慶應義塾(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
強豪校が相次いでノーシードに回った春の神奈川県大会を振り返る!! 【ニュース - コラム】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
新時代の幕開け!新元号・令和最初のスター候補生をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
第79回 令和がスタート。令和元年の怪物候補8名をピックアップ!【高校野球コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第889回 東海大相模が最右翼!春季神奈川県大会準決勝の見所をチェック!【大会展望・総括コラム】
横浜vs弥栄【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜横浜高校やす 2018.10.07
おめでとう㊗️

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る