自慢の打線爆発!桐蔭学園が関東大会の切符を勝ち取る!



試合後、スタンドへ挨拶に行く桐蔭学園の選手たち

 10月としては厳しい日差しが照りつける中、桐蔭学園厚木北の一戦が始まった。

 試合は初回から動いた。1回表、桐蔭学園は1番・冨田 健悟が相手のエラーで出塁すると、2番・山本 慎太朗は送りバントを決める。

 3番・森 敬斗が内野安打で一死一、三塁とチャンスを広げると、4番・上川 航平の打球をサードがエラー。相手の2つエラーにつけこみ、桐蔭学園が2点を先制する。

 桐蔭学園の先発は左の伊禮 海斗(いれい)。横の変化球とストレートを主体にコーナーを広く使ったピッチングが持ち味の投手。

 その伊禮は厚木北の1番・前田和輝を見逃し三振にとると、2番・高橋海里、3番・小原優人も見逃し三振に斬ってとる完璧な立ち上がりを見せる。

 桐蔭学園としては追加点を奪って、試合の主導権を握りたいところ。しかし、厚木北の先発・奈良竜王介のスライダーを主体の打たせて取るピッチングにはまり、2回、3回は追加点を奪えない。

 だが4回、先頭の9番・清水 聖がライト前で出塁。1番・冨田が送り、2番・山本が四球を選んで一死一、二塁とすると、3番・森のライトへの二塁打などで3点を追加。桐蔭学園が5対0とリードを広げた。

 5回には8番・伊禮のセンター前を皮切りに、相手バッテリーのミスと4番・上川のレフト前へのタイムリーで3点を追加。続く6回には1番・冨田のタイムリーで桐蔭学園は遂に2桁10点を奪う。

 大量リードを奪った桐蔭学園だったが、6回から上がった2番手・萩原佑樹が厚木北打線に捕まる。

 2番・高橋海に内野安打を許すと、3番・小原にはレフトへ二塁打。スタートを切っていた高橋海は一気にホームイン。厚木北に1点を返される。

 さらに4番・我妻泰成のセカンドゴロの間に三塁まで進まれると、5番・佐野陽弥にセンターまで運ばれる。これで二死となるも、小原がホームに返り10対2。

 ここから厚木北が反撃開始かと思われたが、ここまで。桐蔭学園は7回に3番手・山崎 駿をマウンドへ送り、厚木北の攻撃をシャットアウト。

 桐蔭学園が7回コールドで決勝進出。同時に関東大会への切符を掴んだ。

 相手のミスを逃さず、確実にチャンスをモノにする桐蔭学園。この好きを逃さない攻撃には守備にはプレッシャーがかかり、神経を使う。しかし大事なのは、ランナーを出してもどれだけ粘って守れるか。またいかにミスを続けないか。勝負を分けるポイントはそこにあった。

(文・写真=編集部)