2018年10月06日 バッティングパレス相石スタジアムひらつか

桐蔭学園vs厚木北

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

自慢の打線爆発!桐蔭学園が関東大会の切符を勝ち取る!



試合後、スタンドへ挨拶に行く桐蔭学園の選手たち

 10月としては厳しい日差しが照りつける中、桐蔭学園厚木北の一戦が始まった。

 試合は初回から動いた。1回表、桐蔭学園は1番・冨田 健悟が相手のエラーで出塁すると、2番・山本 慎太朗は送りバントを決める。

 3番・森 敬斗が内野安打で一死一、三塁とチャンスを広げると、4番・上川 航平の打球をサードがエラー。相手の2つエラーにつけこみ、桐蔭学園が2点を先制する。

 桐蔭学園の先発は左の伊禮 海斗(いれい)。横の変化球とストレートを主体にコーナーを広く使ったピッチングが持ち味の投手。

 その伊禮は厚木北の1番・前田和輝を見逃し三振にとると、2番・高橋海里、3番・小原優人も見逃し三振に斬ってとる完璧な立ち上がりを見せる。

 桐蔭学園としては追加点を奪って、試合の主導権を握りたいところ。しかし、厚木北の先発・奈良竜王介のスライダーを主体の打たせて取るピッチングにはまり、2回、3回は追加点を奪えない。

 だが4回、先頭の9番・清水 聖がライト前で出塁。1番・冨田が送り、2番・山本が四球を選んで一死一、二塁とすると、3番・森のライトへの二塁打などで3点を追加。桐蔭学園が5対0とリードを広げた。

 5回には8番・伊禮のセンター前を皮切りに、相手バッテリーのミスと4番・上川のレフト前へのタイムリーで3点を追加。続く6回には1番・冨田のタイムリーで桐蔭学園は遂に2桁10点を奪う。

 大量リードを奪った桐蔭学園だったが、6回から上がった2番手・萩原佑樹が厚木北打線に捕まる。

 2番・高橋海に内野安打を許すと、3番・小原にはレフトへ二塁打。スタートを切っていた高橋海は一気にホームイン。厚木北に1点を返される。

 さらに4番・我妻泰成のセカンドゴロの間に三塁まで進まれると、5番・佐野陽弥にセンターまで運ばれる。これで二死となるも、小原がホームに返り10対2。

 ここから厚木北が反撃開始かと思われたが、ここまで。桐蔭学園は7回に3番手・山崎 駿をマウンドへ送り、厚木北の攻撃をシャットアウト。

 桐蔭学園が7回コールドで決勝進出。同時に関東大会への切符を掴んだ。

 相手のミスを逃さず、確実にチャンスをモノにする桐蔭学園。この好きを逃さない攻撃には守備にはプレッシャーがかかり、神経を使う。しかし大事なのは、ランナーを出してもどれだけ粘って守れるか。またいかにミスを続けないか。勝負を分けるポイントはそこにあった。

(文・写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎vs日本航空【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
國學院栃木vs東京学館【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs前橋商【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
鎌倉学園vs桐蔭学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
鈴木大地(桐蔭学園出身)がパ・リーグ最速の100安打を達成!89年世代では中田に続く8年連続100安打 【ニュース - 高校野球関連】
鈴木大地(桐蔭学園出身)は両リーグ最速100安打まであと10本!初の打率3割と過去最多安打を狙う! 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 思い通りにならなかった桐蔭時代、それでも最後までやり抜いた経験が財産となる。プロを経験し経営者として活躍 株式会社GSL・小野剛社長(桐蔭学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1146回 元プロを父に持つ中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り 【2020年インタビュー】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1047回 覚醒目前!強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
厚木北 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

桐蔭学園秋の関東地区大会再出場おめでとうカメ大王 2018.10.06
桐蔭学園の皆様は秋の関東地区大会再出場誠におめでとうございます!!☆☆♬
また今秋の神奈川大会の準決勝にて私の予想通り順当に7回コールドにおける勝利誠におめでとうございます!!☆☆♬
今秋の神奈川大会の準決勝では先攻の桐蔭学園が、初回の表1番がショートのエラーで出塁すると、そのミスに乗じて打線をつなげたのが見事でした!!☆☆♬
得点を奪ったイニングではすべてマルチポイントだったのが見事です!!☆☆♬
結局今年の秋の大会では神奈川大会の準決勝まで、法政二だけが普通に強い中で、関東地区大会再出場が決定ですね!!♬
今秋の関東地区大会でも勝利が楽しみです
でもその前に今秋の神奈川大会の決勝の対戦相手は横浜高校ですね
このチームは渡辺監督が勇退した後でも普通に強いです!!
私は今でも横浜の校歌は甲子園で何回も聴きたい気持ちがあります!!
とはいえ神奈川の高校野球のチームの中で、甲子園出場経験のあるところでは、桐蔭学園が1番名前的に気に入っています
私は桐蔭学園の優勝を楽しみにしています
桐蔭サイドの皆様は今秋の神奈川大会の決勝に向けて優勝目指して頑張って下さい
ガンバレ桐蔭学園!!
桐蔭学園が今秋の神奈川大会で優勝し、1位通過で今秋の関東地区大会に進出することを楽しみにしています

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る