2018年09月23日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

慶應義塾vs横浜商

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

高度な打撃を見せる慶応義塾。Y校に7回コールド勝ちで秋3年連続準決勝進出!



本塁打を打つ活躍を見せた本間 颯太朗(慶応義塾)

 3年連続で秋季関東大会出場を狙う慶應義塾。これまでの経験値をしっかりと積み上げ、非常に高度な打撃ができるチームに成長した。対するはベスト8入りを果たし、復活傾向にあるY校こと横浜商だ。

 まず先制点を挙げたのは横浜商。4番・小田樹の先制打で1点を先制。ここまで勝ち上がっただけにシャープなレベルスイングから繰り出す打球の速さが実に素晴らしい。この初回の攻撃だけで、例年のY校とは違うことを実感した。

 しかし慶應義塾は打撃レベルが違った。二死一、三塁のチャンスから5番佐藤一朗(2年)の中前適時打で同点に追いつき、3回裏には第1打席でもヒットを打っている本間が甘く入ったストレートを逃さずレフトスタンドへ飛び込む2ラン。さらに4番廣瀬もこの日2安打目となる中前安打を放ち、先発・笹川が降板。2番手に右腕の一宮が登板するが、慶應打線を止めることができず、3回裏にはミスが重なり、さらに2失点。4回裏にも二死満塁から5番佐藤一の中前適時打で、7対1と突き放しに成功する。さらに6回裏には二死一、二塁から2番関の中前適時打で8対1として、3投手の継投リレーで準決勝進出を決めた。

 慶應義塾の選手たちはスイングスピードが実に速い。やや始動が遅めながら、反動が小さく、軸足と腰をうまく使い、鋭い回転ができる打撃フォーム。速球には強く、変化球はしっかりと間合いを取って打ち返すことができる。今年見てきた打線の中では最も高度な打撃ができるチームだといえる。ここの打者の素質では東海大相模横浜に劣るかもしれないが、無駄を省きながらも、自分の持てる力を引き出そうとする慶應義塾の打撃スタイルは斬新なものがあった。

 その中でも一押しなのが3番の本間 颯太朗(1年)。166センチと決して体は大きくないが、しっかりとトップを深くとって、軸足を回転させ、ボールの下側をとらえるスイング軌道で鋭い打球を連発する。第1打席は痛烈な左前安打を放ち、第2打席は低めのボールをフルスイングするとあっという間にレフト場外へ。どこからそんなパワーが…と思うが、本間は小さくまとまりすぎず、腕の力を抜いて、下半身の回転を生かして高速スイングを生み出している。三塁守備を見ていても身のこなしが良く、スローイングも強く、打つだけの選手ではない。

 そんな本間は昨年、NOMOジャパンに選ばれ、主将も務めた。生駒ボーイズ時代は井上 朋也花咲徳栄)、福岡勇人(健大高崎)とともに活躍したスラッガー。この3人が名を連ねていた生駒ボーイズは改めてすごいメンツである。

 4番廣瀬もセカンドに転向し、動ける大型セカンドへ挑戦しようとしている。前チームから4番の廣瀬もパワフルで安定感のあるスイングができていて、広角に打ち分けができる。また、5番佐藤一は打席の後ろに構えて手元までボールを呼び込んで、フルスイングを心掛ける右のスラッガータイプ。速球、変化球にしっかりと対応し、広角に打ち分ける打撃技術も光った。

 次は横浜と対戦するが、及川 雅貴をはじめとした強力な横浜投手陣を対応することはできるか、注目したい。

 敗れた横浜商も打線のレベルは高い。また1人1人の個性を引き出そうとしていた。4番の小田は2安打を記録し、左打席から繰り出す打球速度の速さは私学の4番打者に負けておらず、凡打になったフライの上がり方も滞空時間が長く、将来的には本塁打量産を期待できる打ち方をしていた。

 3番ショートの関 大斗(2年)もレベルスイングでインパクトを迎え、広角に打ち分けるアベレージヒッター。打撃フォームは大きな欠点はなく、高打率が期待できる選手。堅実にこなす遊撃守備にスピード感が増すともっと面白いだろう。 さらに、6番で先発投手に登った笹川吉康(1年)も楽しみな左のスラッガー候補だ。ネクストの素振りではアッパースイングを心掛けるようにボールの下側をとらえることを意識している選手。事実、この日の二塁打では速いヘッドスピードでとらえ、実に鋭い打球を放っていた。このままいけば本塁打量産も期待できるだろう。また投手を務めていることもあって、センターからのバックホームも力強かった。投打ともに粗削りだが、今の個性を大事にして大きく育ってほしい。

 敗れてしまったが、野手のポテンシャルの高さを示した横浜商。投手陣が整備されると、来年も神奈川の高校野球ファンを沸かせるチームになることは間違いない。

(文・写真=河嶋 宗一) 

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜商大高vs横浜翠嵐【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
圧倒的強さを見せた東海大相模が4年ぶりV!公立校の躍進も目立った神奈川県の夏を振り返る 【ニュース - コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
鎌倉学園vs横浜商大高【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
東海大相模が慶應義塾を粉砕!4回戦2試合を徹底レポート【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
横浜商vs生田東【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

頑張ってください横浜市民 2018.09.13
どこが出てきてもすごい対戦になりそうですね
いい試合を期待しています

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る