2018年09月19日 横須賀スタジアム

慶應義塾vs津久井浜

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 津久井浜の4番・中本、5番・鬼沢に連続ヒットを打たれ、無死一、二塁とされる。

 ここでの失点は津久井浜に勢いがつきかねない場面だったが、慶應義塾の山下は、6番・楯を三塁併殺打に仕留めて二死三塁にすると、7番・中村をセンターフライ。

 野手のプレーにも助けられピンチを脱した山下。すると、直後の攻撃で、6番・関のタイムリーなど打者一巡の猛攻。一挙4得点で、7対0と慶應義塾が大きくリードを奪うと、5回は3番・本間がこの試合3打点目となるタイムリーなどで3点を入れて10対0。5回コールドで慶應義塾津久井浜を下してベスト8に入った。

 この試合で慶應義塾打線の破壊力が目立った。

 全体としてフォームに無駄が少ない。小さなテイクバックから繰り出すスイングはコンパクトだが、当てには行かず最後までバットを振り切って打球を飛ばす。

 大きくテイクバックを取らない分、逆方向への打球は飛ばしにくいかと思われるが、右打者の3番・本間、4番・廣瀬はライトへの長打を放っている。彼らのパンチ力はかなりのものだ。

 また慶應義塾はそれぞれの打者の打球が速い。各打者のスイングが鋭く力強い証拠である。

 優勝まであと3つ。夏の勢いそのままに秋の神奈川を制するか。次戦も目が離せない。

(文・写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田の高校野球 【ニュース - コラム】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
鳥取を代表する公立校・鳥取西と米子東が残してきた歴史とは? 【ニュース - コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
津久井浜 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る