2018年09月15日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模vs山北

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

東海大相模、コールド勝ちも打撃内容に課題あり



本塁打を打った遠藤成(東海大相模)

 雨天により試合開始が大幅に延びて15時半前にプレーボールした東海大相模vs山北の一戦。まず東海大相模は1回表、一死一、三塁から4番山村の中犠飛で1点を先制。そこから3回まで山北の先発・金子 のピッチングに苦しだ。金子は120キロ前後の速球をコーナーに散らせるピッチング。配球に偏りがなく、東海大相模打線がうまく狙い球を絞りきれておらず、4回まで進んだ形だ。

 だが4回表、4番山村の右前安打から突破口を切り開く。5番井上も安打で続き、6番加藤 響(1年)の三塁安打と失策。ここで東海大相模の走者は隙を見て2人とも本塁へ生還。さらに加藤も二塁まで進んだ。一死三塁から8番冨里の適時打で4点目。二死二塁から1番遠藤 成(2年)がライトスタンドへ飛び込む本塁打で6点目を入れた。遠藤は投手としても140キロ中盤の速球を投げるが、将来性は打者の方があるかもしれない。本塁打を打った打席を振り返ってもスクエアスタンスで構え、内回りのスイング軌道でボールをとらえ、ライトスタンドへ運んだ打撃は見事だった。

 また三塁守備を見ていても球際に強く、ライン際に鋭い打球が飛んでも、逆シングルで捕球し、自慢の強肩でアウトにするなど、運動能力の高さが光る。まだ捕球の確実性がないので、しっかりと鍛えてほしい。彼には二刀流で生きてほしい選手だ。

 さらに6回表にもスクイズと2番鵜沼 魁斗(1年)の適時打で8対0と点差を広げる。

 投げては冨重 英二郎(2年)が好投。富重は左オーバーから繰り出す直球は125キロ~128キロと、スピードは突出したものではないが、ボールは角度があり、縦に大きく割れるカーブが持ち味。5回まで無失点のピッチングを見せた。6回裏から諸隈 惟大(1年)が登板。左スリークォーターから繰り出す最速131キロのストレートとキレのあるスライダーを武器に無失点。7回裏からはエースの紫藤 大輝(2年)が山北打線を抑え、7回コールド勝ちで4回戦進出。春のシード権も同時に獲得した。

 東海大相模は1番遠藤、3番西川 僚祐(1年)、4番山村 崇嘉(1年)、5番井上 恵輔(2年)を中心に強力打者が多い。西川のフェンス際まで伸びたレフトライナーは非常に速い速度で飛んでおり、山村のフェンス際まで飛んだライトフライも滞空時間が長かった。特に西川の打撃技術の高さ、パワーは今年の3年生を混ぜてもトップクラス。2002年生まれをリードするスラッガーになる可能性は持っている。

 クリーンナップを見れば、各打者のポテンシャルの高さは全国クラスのものがある。ただ今日の山北投手陣はそこまで速いボールを投げたり、キレのある変化球を投げる投手陣ではないのだが、簡単に打ち取られる打撃が多い。じっくりと見ると、ボールの軌道に合わせただけのスイングで、凡打が多かった。どういう打撃をしたいのか、その意図が分からなかった。

 このままだと不安だ。なぜならば今年の東海大相模の投手力は弱い。1人1人見ると悪くはなく、ここを磨けばよくなるだろうと思わせるものはあるが、横浜桐光学園のようなトップチームに通用する投手力ではない。激戦の神奈川を勝ち抜けるレベルになるまでには、かなりの時間がかかる。

 また捕手の井上もスローイングやストッピングを見るとまだまだで、打撃レベルは高いが、同世代の全国レベルの捕手と比べると見劣る。投手を助けられる恋女房になるにはまだ時間がかかりそう。

 このチーム力の現状を踏まえて横浜に勝つには、打ち勝つカラーが求められる。自分たちの弱みを理解し、強みを発揮できるか。それが関東大会出場のカギとなるだろう。

(文・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
朝ドラで話題沸騰の「紺碧の空」 高校野球でも耳にする大学野球界の応援歌の鉄板曲を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 神奈川の名門・東海大相模の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】
山北 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る