2018年09月09日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

慶應義塾vs平塚学園

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

慶應義塾が圧勝で3回戦へ



山下(慶應義塾)

 保土ヶ谷球場の第1試合は、今夏の甲子園に出場した慶應義塾が登場。対するは、実力校の相模原を逆転で下し、苦しみながらも2回戦に駒を進めてきた平塚学園慶應義塾は夏の甲子園の出場校ということで秋季大会は予選を免除され、本戦2回戦からの出場で、今日が初戦。そして、いきなり強豪、平塚学園と対戦する。

 秋雨前線の影響で各地ですっきりしない天気となる中、関東は晴天に恵まれた。気温29.4℃、湿度73%、南南西の風6.0m/s。真夏並みの陽気だが、風があるのでしのぎやすく、秋の訪れを感じさせる。予定通り9時に試合開始のサイレンが鳴った。

 初回は両校ともに無得点で静かな出だしとなったが、試合は2回から動く。慶應義塾平塚学園の先発、豊泉から4番廣瀬のライト前ヒットと1塁ランナーの盗塁で1死2塁となった所で、7番佐藤が1、2塁間を破るタイムリーヒットを放ち、まず1点を先制。続く3回には8番善波が死球で1塁に出ると、9番山下が自らのバットで左中間に大きな3塁打を放ち2点目が入る。

 さらに1番斉藤の強いサードゴロは悪送球を誘い、盗塁で2、3塁となった所で、2番水鳥のセカンドゴロの間に3点目。また、3番本間、5番吉川、6番関の3本のライト前ヒットに死球と盗塁時のエラーが絡んで3点を追加。ランナー1、3塁となり、ここで平塚学園は2番手投手に松村を投入するも、7番佐藤の打球は風にも乗ってセンターの頭上を越え、そのままスタンドへ。3ランホームランが飛び出し、9点目。なおも8番善波は四球で1塁に歩き、1番斉藤、2番水鳥の連続ヒットで、ついに10点目が入り、試合は序盤から一方的な展開に。

 慶應義塾は4回も攻撃の手を緩めず、平塚学園の3番手、今関から4番廣瀬のレフト前ヒット、5番吉川の四球、7番佐藤のライト前ヒットで1点を追加し、続く8番善波には左中間を破る2塁打が飛び出し2点追加。13-0と大差がついてしまった。

 一方、何とかしたい平塚学園は、2回に先頭の5番内園が慶應義塾の先発、山下の初球を叩いて右中間を破る2塁打を放ちチャンスを作るも、後続が倒れ、その後も無得点に抑えられて5回コールドが成立。
 慶應義塾平塚学園を13対0で下して3回戦進出を決めた。

 慶應義塾は夏の甲子園に出場していた分、新チームの始動が遅くなり、今日が初戦だったが、強豪を相手に全く不安を感じさせない試合内容だった。下山、宮尾、大川といった主力選手が抜けたが、新メンバーがその穴を埋めて余りある活躍で選手層の厚さを見せつけた。秋も優勝候補の一角と言って間違いないだろう。

 一方の平塚学園は、投手陣が捕まってしまった。各投手の球は走っていたが、慶應義塾の凄まじい強力打線には「打ちごろの球」となってしまい、悉く痛打された。もう少し緩急をつけても良かったかもしれない。戦前は、このような試合展開は予想できず、序盤に大量リードを許したことで、後半に挽回しようにも、5回コールドで試合が終了してしまい、本当に悔しい敗戦となった。この悔しさをバネに、来春に向けて強豪復活を期して頑張って欲しい。

 勝った慶應義塾は3回戦で、いよいよ桐光学園と対戦する。秋はシード制がなく、今年は序盤から強豪同士の対戦が組まれており、来週も各試合から目が離せない。

(文・写真=松田 祥二郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大波乱の神奈川!?慶應義塾や桐蔭学園など強豪校が続々敗退【春季神奈川県大会・13日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
いよいよ神奈川はシード権をかけた3回戦がスタート! 【ニュース - 高校野球関連】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集コラム】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs横浜商【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs津久井浜【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第396回 平塚学園高等学校 高田孝一選手「復活の始まりとなるか?」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
平塚学園 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る