2018年09月08日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

浅野vs柏陽

2018年秋の大会 神奈川県秋季大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

先制点を取り、流れを掴んだ浅野がゲームを制した



試合の流れをピッチングで引き寄せた先発酒井(浅野)

 保土ヶ谷球場の気温が上がる中、第2試合目は行われた。柏陽vs浅野の対戦だ。

 先に試合が動いたのは1回裏浅野の攻撃、先頭打者上野が四球を選び、2番片岡が犠打で送る。続く3番原口のところでスクイズを決めて1点を先制した。

 2回裏にも浅野は安打と失策が点に絡み2点を追加した。

 点を返したい柏陽だがなかなか安打が続かず0点が続く。

 3回裏浅野の攻撃、先頭の3番原口が死球で出塁し、5番山口6番真田の連打で一死満塁とチャンスになる。続く7番山下の犠牲フライで1点を追加。その後8番酒井のレフトオーバーで2点。この回は3点を入れ6-0。

 4回裏も浅野は相手の失策が絡み1点を入れ、4回で計7得点と柏陽との差を広げ、試合を優位に持っていった。

 5回表柏陽は先頭の7番鈴木がレフト前で出塁し盗塁を試みるが、浅野の捕手冨田が上回り一死。8番成迫がライトオーバー2ベースを放つが後に続かず、惜しくも無得点。

 5回裏柏陽のマウンドにはエース志村が立った。浅野は先頭の山口、真田の連打により無死一、二塁を作り、山下の犠打で一死二、三塁になる。続く8番酒井のところでスクイズを試みるが、バッテリーが外しスクイズを阻止し。ピンチを無得点に抑えた。

 6回表柏陽は二死二、三塁とチャンスを作るがセンターの片岡の好プレーにより無得点に終わる。

 6回裏浅野は一死で1番上野が四球を選び、好プレーを見せた2番片岡の打球はセンターの頭上を越え、ランニングホームランになり、2点を追加。この時点で点差が9点あり、あと1点でコールドゲームになる中、4番冨田の安打から二死三塁のチャンスを作り、2本安打を放っている5番山口に回った。
 場内に緊張が高まる中、初球で試合を決めた。

 この試合は10-0で浅野が勝利し2回戦にコマを進めた。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
やっぱり神奈川はアツい!夏の神奈川大会は初戦から白熱の試合が続出? 【ニュース - コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
【神奈川】甲子園常連校の実力を見せ14得点を挙げた横浜が大勝!!1回戦2試合の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
浅野vs横浜立野【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県大会 地区予選】
瀬谷vs浅野【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
川崎北vs柏陽【神奈川県 2016年春の大会 神奈川県春季大会】
柏陽vs横浜翠嵐【神奈川県 2015年秋の大会 神奈川県大会 一次予選】
南vs浅野【神奈川県 2015年秋の大会 神奈川県大会 一次予選】
浅野 【高校別データ】
柏陽 【高校別データ】
平成30年度 神奈川県高等学校野球秋季県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る