2018年08月19日 光明相模原高校 下溝グラウンド

城山vs上鶴間

2018年秋季神奈川県大会 地区予選 北相地区 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

城山、初回10点!5回裏に突き放し、コールドで県大会出場!



注目の遊撃手・高橋遥也(城山)

 上鶴間と神奈川城山とともに相模原市内の公立校同士の対決。1回表、上鶴間は一死二塁のチャンスから3番吉永賢史(1年)の適時打で1点を先制。さらにその後はバッテリーミスなどが絡んで、幸先よく3点を先制したかに見えた。

 1回裏、上鶴間の投手陣がぴりっとしない。無死満塁から3者連続押し出しがあり、同点に追いつかれその後も打線が爆発し、1回裏に一挙10点、2回裏にも2点を入れ、12対3と突き放す。

 だが3回表、4番佐原 拓(2年)、5番本田の適時二塁打、4回表にも1点を返し、5対12とじわりじわりと追い詰める。

 上鶴間の3番手の吉永はストライク先行のピッチングで、3回、4回と0に抑えていく。しかし5回裏、城山は二死満塁のチャンスを作り、9番笹野翔(2年)が三塁ベースを強襲する三塁内野安打を放ち、二者生還し、なおも二死二、三塁。1番青木舜(1年)がレフト前適時打を放ち、サヨナラ。城山が5回コールド勝ち。2連勝で県大会出場を決めた。

 神奈川城山は初回に3点を先制されたが、しっかりと立て直した。ただ、投手陣の出来には不安があり、県大会へ向けての課題となりそう。

 野手としては遊撃手・高橋遥也のパフォーマンスが印象に残った。夏は海老名の速球派右腕・落合 真広から痛烈な二塁打を放った選手だが、新チームになると、より別格の逸材だと感じる。この日は打撃面では目立った活躍はなかった。とはいえ、体に巻き付くようなフルスイングから繰り出す打球は、フライが上がると滞空時間は長く、凡退でもらしさは見せた。この日は守備で好プレーを連発。3回表、適時二塁打を打った上鶴間の本田が二塁をオーバーランしたのを見逃さず、中継した位置からダイレクトスローで二塁走者をアウト。

 さらには、センターへ抜けそうな打球を追いついて、グラブトスで二塁でフォースアウトとピンチを救うプレーを連発。秋の時点でこれほど高次元なプレーができるショートストップはなかなかいない。

 県大会要注目の遊撃手である。21日の光明相模原戦は高橋にとっても、チームにとっても真価が試される試合である。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
やっぱり神奈川はアツい!夏の神奈川大会は初戦から白熱の試合が続出? 【ニュース - コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
光明相模原、厚木北などが勝利!ブロック予選4試合を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
海老名vs城山【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
桐蔭学園vs城山【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
百合丘vs城山【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
第323回 【神奈川展望】神奈川大会組み合わせ決定!激戦のブロック、強豪校の戦いを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
上溝南vs上鶴間【神奈川県 2015年春の大会 神奈川県春季大会 地区予選】
相模原vs上鶴間【神奈川県 2012年夏の大会 第94回選手権神奈川大会】
上鶴間 【高校別データ】
城山 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る