2018年08月19日 厚木市営玉川野球場

相模原中等教育vs秦野曽屋

2018年秋季神奈川県大会 地区予選 北相地区 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

相模原中等教育が秦野曽屋に逆転勝ち!4番の星野は7打点!



7打点の大活躍を見せた4番・星野(相模原中等教育)

 秋季神奈川県大会地区予選も開幕し、早くも選抜甲子園を懸けた戦いが始まった。玉川球場での第2試合では秦野曽屋相模原中等教育が対戦し、試合は中盤に相模原中等教育が一気に逆転する展開となった。

 まず先制したの秦野曽屋だった。1回表、四球やヒットなどで一死一、三塁のチャンスを作ると、4番・宮原がセカンドへのゴロを放つ。一塁ランナーはフォースアウトとなるが、この間に三塁ランナーが生還し、秦野曽屋が先制点を挙げた。その後も2点を追加した秦野曽屋は、この回だけで3得点。強烈な先制パンチを与えることに成功した。

 しかし、先制を許した相模原中等教育も3回に反撃に出る。ヒットや四球などで一死満塁のチャンスを作ると、4番・星野が右中間を破る走者一掃のツーベースツーベースを放った。
 星野の一打で一気に同点に追いついた相模原中等教育は、続く4回も一気に攻勢をかける。ヒットと四球などで再び満塁のチャンスを作ると、3番・若林が右中間を抜けていく走者一掃のタイムリースリーベースを放った。相模原中等教育の攻撃はこれで終わらない、なおもランナーを3塁に置いた場面で、4番・星野がレフトフェンスを越えていく会心のツーランホームランを放った。相模原中等教育は、この回だけでなんと5得点。8対3とその差を大きく広げることに成功した。

 ここまでくると、相模原中等教育の勢いはもう止まらない。5回裏、満塁から4番・星野のレフト前タイムリーで2点を追加すると、6回にも1点追加する。11対3とさらに点差を広げた相模原中等教育は、そのまま7回コールド勝ちで秦野曽屋を下した。

 勝った相模原中等教育は、21日の次戦では厚木北と対戦する予定だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大相模が初戦突破!茅ヶ崎に好投手現る!2試合を徹底レポート【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模が7回コールドで勝利!10得点快勝! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs相模原中等教育【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
秦野曽屋vs綾瀬西【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 湘南地区】
厚木北vs柏木学園【神奈川県 2018年秋季神奈川県大会 地区予選】
平塚学園vs秦野曽屋【神奈川県 2016年夏の大会 第98回選手権神奈川大会】
第323回 【神奈川展望】神奈川大会組み合わせ決定!激戦のブロック、強豪校の戦いを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
相模原中等教育 【高校別データ】
秦野曽屋 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る