2018年08月19日 光明相模原高校 下溝グラウンド

光明相模原vs厚木東

2018年秋季神奈川県大会 地区予選 北相地区 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

光明相模原、上位下位切れ目なくつながりコールド勝ち!



強打を見せる忍足貫太(光明相模原)

 この夏、初戦敗退の光明相模原。だが、このチームは期待できそうだ。夏は1,2年生合わせて15人がベンチ入り。第1戦目も10対1で勝利しており、厚木東戦では投打でチームを圧倒した。

 1回裏、光明相模原は一死二塁から3番上原 享平(1年)の左中間を破る長打を放ち、1点を先制。しかし2回表、無死満塁からの併殺で同点に追いつかれたが、2回裏、一死二、三塁から8番西野拓(2年)は左中間を破る適時三塁打で勝ち越すと9番鈴木の中前適時打など3点を勝ち越し。

 3回表、厚木東は二死一、二塁から4番岸 港斗(2年)がセンターへ痛烈な中前安打を放ち、1点を返し、2対4と2点差に迫ったももの、3回裏、光明相模原は打者一巡の攻めで、一挙5点を入れて9対2と点差を広げた。さらに4回裏には一死一、二塁から7番山口冬詩(2年)がプッシュバント。なんと一、二塁間に転がる強い打球は内野安打となり、その間に二塁走者が生還。さらに5回裏にも9番鈴木隆の三塁打、バッテリーミスで1点を返し、二死一塁から4番忍足貫太(おしたり・1年)が左中間を破る適時三塁打で、12対2と点差を広げ、5回コールド勝ちを決め、2連勝。県大会出場を決めた。

 今年の光明相模原の選手は実戦経験豊富が多く、慌てることなく試合運びができている。各打者のスイングは鋭く、下位打者の選手でも長打が出ること。技術的な動作を見ると、上体が突っ込まず下半身で鋭くスピンして捉える選手が多く、そのためライナー性へ鋭い打球を飛ばすことができていた。

 その中で面白いのは3番上原。1年生だが、素材、長打力はスタメンの中で、一番。分厚い下半身を支点にした力強いスイングから繰り出す打球は速い。確実性が課題で、まだひっかけた打球が多いが、楽しみな選手であった。また、綾瀬シニア時代は135キロを投げていたという上原。堂々とした立ち居振る舞いは、とても1年生ではなかった。

 また4番忍足も楽しみなスラッガー。平塚ボーイズ出身の忍足は1年秋にして4番の座を獲得。下半身の分厚さは1年生とは思えず、最初は2年生と勘違いしてしまった。あとで1年生と知り、驚き。コールドを決めた一打はあっという間にセンターの頭を抜ける打球であった。

 エース・西野もコーナーワークが優れた左の好投手。夏のベンチ入りは左腕投手が多かったので、ボールの切れ、投球術をしっかりと磨いていけば、秋は躍進が期待できるのではないだろうか。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたちを紹介! 【ニュース - コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
横浜、東海大相模、慶應義塾!強豪校がひしめく混戦ブロックを徹底分析! 【ニュース - コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
光明相模原vs山手学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
桐蔭学園vs光明相模原【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
光明相模原vs日大藤沢【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
慶應義塾vs光明相模原【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横須賀総合vs相原【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
厚木東 【高校別データ】
光明相模原 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る