2018年07月21日 相模原市立相模原球場(サーティーフォー相模原球場)

横浜創学館vs横浜清陵

2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

横浜創学館、2年生エース・佐藤考輔の完封勝利でベスト8!

 横浜創学館横浜清陵と横浜市同士対決はロースコアの熱戦となった。横浜清陵の先発左腕・小野颯人(3年)が好投がロースコアを呼び込んだ。小野は120キロ弱のストレートとスライダー、カーブを低めに丹念に投げ分ける左の技巧派。打線に力がある横浜創学館だが、フルスイングできるコースにボールが来ない。ことごとく凡打を繰り返す。

 それでも4回表、無死満塁から5番儀同 祐太郎(3年)の犠飛で1点を先制。7番椎名 拓斗(3年)の左前適時打、8番横田の二塁内野安打で計3点を入れる。ここから小野はしっかりと踏ん張り、安打を打たれながらも後続を抑えるピッチングを見せる。

 何とか追加点を入れたい横浜創学館は7回表、二死三塁から1番角津 奏斗(3年)の中前適時打で1点を追加し、4対0とした。

 投げては佐藤 孝輔(2年)が左腕から常時125キロ前後の直球、スライダー、カーブを投げ分けながら打たせて取るピッチングで、5安打完封勝利。

 横浜創学館がベスト8進出を決めた。横浜創学館は12安打を打っているように打線は決して悪くない。それぞれの打者のスイングは鋭く、準々決勝で対戦するであろう藤嶺藤沢矢澤 宏太の直球は十二分にとらえる能力は持っている。

 敗れた横浜清陵の先発・小野は4失点でしのいだ粘り強いピッチングはさすがだった。また無失策の守備も見事で、しっかりとシード校・横浜創学館にわたり合う戦いぶりを見せてくれた。

                                     

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋山翔吾がレッズへ移籍、母校・横浜創学館高校OBは? 【ニュース - 高校野球関連】
横浜創学館vs大和【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
やっぱり神奈川はアツい!夏の神奈川大会は初戦から白熱の試合が続出? 【ニュース - コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第9回 小田和正さんや南こうせつさんなど..多くの著名人が高校の校歌を手掛けている!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
鎌倉学園vs横浜創学館【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
横浜創学館vs藤嶺藤沢【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
横浜vs横浜創学館【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜隼人vs横浜学園【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
第298回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【後編】 「前向きに取り組むことが自分のためになる」 【2015年インタビュー】
第297回 埼玉西武ライオンズ 秋山 翔吾選手【前編】 「打撃好調の秘訣をメカニズムの観点からを探る」 【2015年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る