慶應義塾戦略勝ち。東海大相模投手陣を攻略し、2年ぶりの決勝進出

 北神奈川大会準決勝・慶應義塾東海大相模と選抜出場校同士の対戦。

 慶應義塾生井 惇己(3年)、東海大相模斎藤 礼二(3年)と両エースが先発した。

 斎藤は右オーバーから投げ込む直球は常時135キロ~130キロ後半。120キロ後半の縦横のスライダーは悪くないが、ただ選抜と比べるとあまり変わっていない。他校から厳しいマークを受けている投手は一歩ずつ成長を見せていかないと捉えられやすい。特にオーソドックスな右投手ほど対応がしやすい。

 2回裏、東海大相模は二死満塁のチャンスを作り、山田 拓也の適時打で1点を先制。幸先よく先制したように見えた。しかし本塁を狙った二塁走者が三塁をオーバーランしすぎて挟殺。レフトは前進守備をしていて、次の打者は森下 翔太(3年)と畳みかけるチャンスでこのミスは痛かった。そして3回表、慶應義塾は打者一回り目してから、斎藤の軌道を完全にアジャスト。8番・善波 力(2年)が安打で出塁。その後、一死満塁から3番下山 悠介(3年)の犠飛で同点に追いつくと、さらにパスボールで慶應義塾が勝ち越しに成功する。東海大相模はこの2失点でさらにばたついた。

 4回表には、一死満塁の場面。東海大相模はここで外野手も前進守備。しかし生井は斎藤のストレートに振り抜き、中越えの適時三塁打。二死三塁になったところで、投手降板。1年生の諸隈 惟大が登板する。諸隈でも勢いを止めることができず、2番大川 裕也(3年)の適時打で、6点目を入れ、東海大相模は苦しい試合展開。

 5回裏、東海大相模は犠飛で1点を返したものの、7回表、慶應義塾石田 新之介(3年)の適時打で1点を追加し、7対2と点差を広げる。