2018年07月27日 横浜スタジアム

慶應義塾vs東海大相模

2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

慶應義塾戦略勝ち。東海大相模投手陣を攻略し、2年ぶりの決勝進出

 北神奈川大会準決勝・慶應義塾東海大相模と選抜出場校同士の対戦。

 慶應義塾生井 惇己(3年)、東海大相模斎藤 礼二(3年)と両エースが先発した。

 斎藤は右オーバーから投げ込む直球は常時135キロ~130キロ後半。120キロ後半の縦横のスライダーは悪くないが、ただ選抜と比べるとあまり変わっていない。他校から厳しいマークを受けている投手は一歩ずつ成長を見せていかないと捉えられやすい。特にオーソドックスな右投手ほど対応がしやすい。

 2回裏、東海大相模は二死満塁のチャンスを作り、山田 拓也の適時打で1点を先制。幸先よく先制したように見えた。しかし本塁を狙った二塁走者が三塁をオーバーランしすぎて挟殺。レフトは前進守備をしていて、次の打者は森下 翔太(3年)と畳みかけるチャンスでこのミスは痛かった。そして3回表、慶應義塾は打者一回り目してから、斎藤の軌道を完全にアジャスト。8番・善波 力(2年)が安打で出塁。その後、一死満塁から3番下山 悠介(3年)の犠飛で同点に追いつくと、さらにパスボールで慶應義塾が勝ち越しに成功する。東海大相模はこの2失点でさらにばたついた。

 4回表には、一死満塁の場面。東海大相模はここで外野手も前進守備。しかし生井は斎藤のストレートに振り抜き、中越えの適時三塁打。二死三塁になったところで、投手降板。1年生の諸隈 惟大が登板する。諸隈でも勢いを止めることができず、2番大川 裕也(3年)の適時打で、6点目を入れ、東海大相模は苦しい試合展開。

 5回裏、東海大相模は犠飛で1点を返したものの、7回表、慶應義塾石田 新之介(3年)の適時打で1点を追加し、7対2と点差を広げる。

【次のページ】 慶應義塾vs東海大相模(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
こだわりの1枚を求めて!プロ野球選手が持つウエアへのこだわり~コトダマ~ 【ニュース - コトダマ】
阪神淡路大震災から24年、当時の選抜で活躍したスター選手たちを振り返る 【ニュース - その他】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集】
第518回 主体性を持て!揺るがない根拠と自信を築き上げる日大桜丘!【野球部訪問】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第188回 2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」【ドラフト特集】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs横浜商【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐蔭学園vs光明相模原【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs津久井浜【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 北神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

東海大相模いけいけtokai!!marimo 2018.07.27
先手必勝!しっかり守って打ってー!!
東海大相模あと2つモカピノ&マリコサクラ 2018.07.25
先ずはしっかり確実に守り頑張って欲しい。門馬監督に気を引き締めて頑張って欲しいね。
東海大相模頑張れ、母校ルーク 2018.07.25
僕は東海大相模高校の出身です。
春の甲子園の借りを返して下さい

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る