2018年04月29日 横浜スタジアム

横浜vs桐光学園

2018年春の大会 神奈川県春季大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜が2年ぶり13回目の優勝!桐光学園に力の差を見せつける!



1回に山崎拳登(横浜)の本塁打で先制し、山崎を出迎える横浜ナイン

 春季神奈川県大会もついにクライマックスを迎えた。横浜が春季大会決勝に進むのは、藤平 尚真(現:楽天)を擁した2016年以来で、桐光学園は松井 裕樹(現:楽天)を擁した2013年以来となる。
 横浜はここまで、投打ともに盤石の強さを見せて決勝まで勝ち上がってきた。対する桐光学園も、慶應義塾東海大相模と選抜甲子園に出場した2校を破って勝ち上がってきており、激戦区・神奈川の決勝に相応しい対決となったが、試合は横浜が力の差を見せつける展開となった。

 1回、横浜はランナー無しの場面から、2番・山崎 拳登がライトスタンドへホームランを放ち、先制点を挙げた。さらに3回、桐光学園の先発・谷村 然を攻めて満塁のチャンスを作ると、3番・齊藤 大輝の一塁ゴロの間に三塁ランナーが生還。5回にも1番・小泉 龍之介の左中間を破るタイムリーツーベースで3点目を挙げた横浜は、試合の序盤から着実に得点を重ねて、主導権を握っていった。

 一方、序盤から劣勢に立たされた桐光学園は、5回裏に横浜先発の板川 佳矢を捉えて無死二、三塁のチャンスを作る。しかし8番・渡邊将は見逃し三振に倒れ、9番・高橋建心もサードゴロ。1番・中澤海渡も見逃し三振を喫してチャンスを活かすことができない。

 しかし後半に入った6回裏、チャンスはいきなり訪れた。一死一塁から4番・鵜沢悠生が右中間フェンス直撃のツーベースヒットを放つと、ランナーは一塁から一気に生還。桐光学園はようやく1点を返し、その後さらに二死一、二塁のチャンスを作る。
 何としても追加点を取っておきたい場面だったが、ここで横浜ベンチが動く。先発の板川 佳矢に代えて、背番号22の及川 雅貴をマウンドに送った。及川は伸びのある力強い直球を軸に攻め、7番・落合を投ゴロに打ち取り、このピンチを脱した。横浜の継投策が成功し、桐光学園にとっては痛い残塁となってしまった。

 桐光学園の反撃の芽を摘み取り、再び勢いを取り戻した横浜は、7回に一死一、三塁のチャンスを作る。この場面で、1番・小泉 龍之介がライト前にタイムリーヒットを放ち、横浜が貴重な追加点を挙げた。得点は4対1となり、点差は再び3点に。
 横浜は、なおも二死二、三塁のチャンスが続き、3番・齊藤 大輝が三塁線を破るツーベースを放つ。これでランナー二人が生還し、試合を決定づけるような2点が横浜に入った。
 横浜は、その後もリリーフの及川が危なげない投球を見せて、桐光学園打線を寄せ付けなかった。9回にも、3番・齊藤 大輝、4番・内海 貴斗のタイムリーヒットでダメ押しの2点を追加した横浜が、そのまま8対1で勝利し2年ぶりの優勝を飾った。

 横浜はこれで春季大会は13度目の優勝となった。優勝した横浜と準優勝の桐光学園、そして選抜4強で推薦出場の東海大相模の3校は、5月19日から開幕する春季関東大会に出場する。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ロッテ・安田尚憲(履正社出身)にかかる2005年以降入団の高卒選手による初の2桁本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち! 【ニュース - 高校野球関連】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs三浦学苑【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
桐光学園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る