2018年04月21日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模vs横浜商大高

2018年春の大会 神奈川県春季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東海大相模が3本塁打!力技で横浜商大高にコールド勝ち!



2本の本塁打を放った遠藤(東海大相模)

 春季神奈川県大会は準々決勝に突入し、サーティーフォー保土ヶ谷球場の第2試合では、東海大相模横浜商大高が激突した。

 試合は序盤から激しい乱打戦となった。1回裏、東海大相模は1番・小松 勇輝がヒットで出塁すると、2番・山田 拓也がレフトオーバーのツーベースを放ち、小松が一塁から一気に生還。いきなりの速攻でまずは東海大相模が先制する。

 しかし2回表、横浜商大高もすぐさま反撃する。一死二塁のチャンスを作ると6番・海辺がライト線へタイムリーツーベースヒットを放ち同点とすると、さらにパスボールでランナーを三塁に進めると、7番・大高がセンター前へタイムリーヒットを放って逆転に成功する。

 このリードを守りたい横浜商大高だったが、先発の青木がリズムに乗れない。
 2回裏、3つの四死球で満塁のピンチを招くと、4番・上杉にも死球を与えて押し出しで1点を失う。さらに満塁のピンチは続き、打席には先発投手の6番・遠藤。真ん中付近に入ってきたボールを強振すると、打球はセンターバックスクリーンに飛び込む満塁ホームランとなった。これでスコアは6対2となり、東海大相模が試合の流れを掴んだかに見えた。

 だが、横浜商大高も喰らい付いていく。3回表、無死一塁から2番・勝良がタイムリースリーベースヒットを放ち、一塁ランナーが一気にホームまで生還。なおも無死三塁とチャンスは続き、3番・斎藤のショートゴロの間に三塁ランナーがホームイン。この回、2点を追加して点差を2点に縮める。
 3回が終わった時点で、得点は6対4。ベスト4を懸けた一戦は、激しい点の奪い合いとなった。どちらも試合の流れを掴みきれないまま試合は中盤に入ったが、先に主導権を握ったのは東海大相模だった。

 5回裏、一死一塁の場面で、3番・森下 翔太がレフト線にツーベースを放ち一塁ランナーが生還。これで点差は3点となり、東海大相模はここから一気に畳み掛ける。4番・上杉がライトスタンドへツーランホームランを放つと、続く5番・遠藤もこの日2本目となる本塁打を再びバックスクリーンへ放り込んだ。クリーンナップによる怒涛の猛攻で、横浜商大高をに突き放した。その後も、9番・佐藤の中前タイムリーで追加点を加えて、東海大相模はこの回5得点を挙げた。

 試合はそのまま11対4で、東海大相模が7回コールドで横浜商大高を下した。破れた横浜商大高も、東海大相模の先発・遠藤に9安打を浴びせて必死に喰らいついていったが、選抜甲子園ベスト4の打線の前に力尽きてしまった。
 これでベスト4に進出した東海大相模は、4月28日横浜スタジアムにて、桐光学園と対戦する。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
及川雅貴が13奪三振完投勝利!!秋季神奈川県大会2試合を徹底レポート!【秋季神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
及川雅貴、13奪三振2失点完投勝利で東海大相模を破る! 【ニュース - 高校野球関連】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs山北【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.16 「プロ注目の強打者・森下翔太、太田椋の最後の夏」【ドラフト特集】
桐光学園vs横浜商大高【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
慶應義塾vs東海大相模【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
東海大相模vs神奈川工【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
第397回 東海大相模高等学校 戸崎慶選手「昨秋とはまるで別人 成長したポイントとは?」 【2016年インタビュー】
第383回 東海大学 長倉 蓮選手「1年から頑張れば、2年生、3年生になって返ってくる」 【2016年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
東海大相模 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る