2018年04月21日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

桐光学園vs慶應義塾

2018年春の大会 神奈川県春季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

桐光学園が中盤の集中打で選抜出場校の慶應義塾を撃破!



追加点を挙げる桐光学園

 4月21日、春季神奈川県大会準々決勝では慶應義塾桐光学園という好カードが実現した。選抜甲子園大会へ出場した慶應義塾に対して、桐光学園も昨秋は関東大会まで駒を進めた。強豪同士の一戦に、サーティーフォー保土ヶ谷球場には多くの高校野球ファンが詰めかけた。

 序盤はなかなか試合が動かなかった。
 桐光学園の先発・谷村は、力強いストレートを軸に危なげない投球を見せて、慶應打線を封じた。対する慶應義塾の先発・生井 惇己も、粘り強い投球で得点を許さない。2回には二死一、三塁、さらに3回にも二死一、二塁と得点圏にランナーを進めるものの、後続を打ち取り3回までを無失点に抑える。

 しかし4回、ここから一気に試合が動き出す。慶應義塾は、3番・宮尾 将のスリーベースヒットでチャンスを作ると、5番・奥村がライトへのタイムリーヒットを放ち先制点を挙げる。
 しかしその裏、桐光学園もすぐに反撃に出る。ヒットや相手のエラーなどで一死満塁とすると、2番・楠本がレフト前ヒットを放ちランナー2人が生還。さらにその後、一死一、二塁とし、3番・山田がライト前へタイムリーヒットを放つ。桐光学園はこの回3点を挙げ、3対1とすぐさま逆転に成功する。試合は桐光学園リードのまま後半戦に突入する。

 6回表、後半戦にに入った直後から再び試合は動き出す。慶應義塾は先頭の4番・廣瀬が初球を叩き、センターへのツーベースヒットで出塁する。その後、5番・奥村の進塁打で一死三塁とすると、6番・石田がレフトオーバーのツーベースヒットを放ち、桐光学園に1点差と迫る。 しかし6回裏、桐光学園も負けじと慶應義塾を突き放しにかかる。この回からマウンドに登ったリリーフの渡部を攻め、一死一、二塁のチャンスを作ると、3番・山田が左中間へランナー2人を帰すツーベースヒットを放つ。点差は3点に広がり、これで試合は桐光学園のペースとなった。

 終盤に入っても桐光学園は、慶應義塾に勢いを与えなかった。8回に1点を追加してさらに点差を広げれば、守りでもリリーフでマウンドに上がった冨田 冬馬が好投。9回に慶應義塾が意地を見せて1点を返すものの、反撃はその1点のみ。試合は6対3で、桐光学園が選抜出場校の慶應義塾を破り、準決勝に駒を進めた。

 これでベスト4に進出した桐光学園は、4月28日横浜スタジアムにて東海大相模と対戦する。桐光学園は昨年の秋季大会でも準決勝で東海大相模と対戦し、その時は7対0で敗れている。選抜ベスト4に進出したライバルに、リベンジを果たすことができるか注目だ。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春季神奈川大会の中止決定。新型コロナウイルスによる各都道府県の大会中止・延期情報リスト! 【ニュース - 高校野球関連】
「Aチームの選手と遜色ない実力を持った選手が何人かいる」堀井監督が期待する慶応大学の新入生たち 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第393回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手「追究を続ける『ストレート』」 【2016年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る