2018年04月15日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

横浜vs横浜創学館

2018年春の大会 神奈川県春季大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

横浜が投打で圧倒。2本塁打9得点の猛攻でコールド勝ち!



板川(横浜)

 ここまで2試合連続コールド勝ちで4回戦進出を決めている横浜と、3回戦でサヨナラ勝ちをしている横浜創学館との対戦。横浜平塚学園を破り、勢いに乗る横浜創学館に対し、地力の高さで圧倒した。

 横浜は1回表、一死三塁のチャンスから3番斎藤 大輝の中前適時打で1点を先制。さらに二死一、三塁から6番角田の適時打で2点目を入れる。2回表もジワジワと攻め、一死一、二塁から2番山崎 拳登が右中間を破る適時三塁打で2人が生還し、4対0とした。3回以降も横浜は毎回のように長打で得点を積み重ねる。

 3回表には9番遠藤 圭吾の適時二塁打で5対0。そして4回表にはエース・板川 佳矢が一、二塁のチャンスから3ラン。そして5回表には3番齊藤がバックスクリーンに打ち込む本塁打を放ち、9対0と大差をつける。

 ここまでスキのない戦いぶりを見せる横浜。エース・板川はコンパクトなテークバックから、常時130キロ~136キロのストレートを両サイドへ投げ分け、110キロ後半のスライダー、さらにカーブを織り交ぜ、4回まで強打の横浜創学館打線を3安打に抑える。板川も1年生の時と比べると投球に安定感が出て、多少のヒットが出ても動じず、自分のピッチングに集中できるメンタルの強さが感じられた。後述するが、横浜の控え投手は、板川より速い投手が多くいる。それでも背番号「1」を任されるのは、投手として必要な制球力、テンポの良い投球リズム、一定以上の変化球の精度を兼ね備えているからだろう。

 そして5回裏、マウンドに登ったのは及川 雅貴(2年)。昨年も甲子園にデビューした大型左腕。その及川が球場の観客をどよめかす剛速球を見せる。立ち上がりから常時143キロ~147キロのストレートを投げ込み、最速149キロを計測した。さらに130キロ台のスライダーを交え、横浜創学館打線を翻弄した。

 及川は7回裏までワンアウトを奪ったところで降板。打者7人に対し、4奪三振、パーフェクトのピッチングだった。現時点でも高校3年生を含めて現役高校生最速左腕に躍り出た及川。強烈な印象を与えた投球を今後も継続することができるか、注目だ。

 7回裏、一死から登場したのはのは新1年生の松本 隆之介である。松本は戸塚リトルシニア時代から評判の大型左腕で、中学3年生の球速は130キロ中盤。あれから1年して、常時135キロ~141キロを計測するまでに速くなっていた。だが、ストレートのスピードは出ているものの、初登板の緊張からか、制球が定まらず、3四死球で二死満塁のピンチ。松本は9番佐藤 考輔を見逃し三振に打ち取り、7回コールド勝ちを決めた。

 高校デビュー戦を無失点で終え、ほっとした表情で整列に加わった松本。140キロ台の速球を投げる左腕投手2人も控えている横浜の選手層の厚さは恐るべしである。

 一方、敗れた横浜創学館は4番手で背番号「1」をつけた佐藤 考輔が持ち味を示した。佐藤考は変則的なフォームが持ち味の技巧派左腕。腕が遅れて出てくるフォームは打ちにくく、これまでフェアゾーンへ鋭い打球を飛ばしていた横浜の各打者も打ちにくそうにしていた。佐藤は常時130キロ前後(最速134キロ)のストレートと、110キロ前後のスライダー、チェンジアップを低めに投げ分けた投球で、2回無失点の好投を見せた。

 この夏はエースとして1つでも多く勝てるピッチングを見せることができるか。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
【選手名鑑】森友哉の再来?高校生ナンバーワン捕手の呼び声が高い牧原巧汰の魅力を徹底分析! 【ニュース - 高校野球関連】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
都筑中央ボーイズvs神奈川大和ボーイズ【第45回日本少年野球春季神奈川県支部大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
館山昌平、復活への道
横浜 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る