立花学園が強打を発揮!横浜商に7回コールド勝ち!



上野(日立花学園)

 シード入りを目指す横浜商と昨夏の立花学園の一戦は立花学園が自慢の攻撃力を発揮し、7回コールド勝ちを決めた。

 横浜商の先発・樺田 魁は長身の大型右腕。骨太の体格から左腕のグラブを高々と掲げ、右スリークォーターから力強く腕を振る投球フォームは、昨夏の東海大相模エース・秋田を思い出させるような投手だ。135キロ前後の直球と横滑りするスライダーのコンビネーションで勝負する。

 しかし強力な立花学園打線が樺田を襲い掛かる。1番上野が初球を打って痛烈な左前安打。上野は二盗を成功させた後、2番名倉が相手の敵失で出塁して無死一、三塁のチャンス。3番安藤はストレートを豪快に振り抜いて、センターの頭を超える適時三塁打でまず2点を先制。さらに4番滝本もセンターオーバーの適時二塁打で安藤が生還し、3対0とした立花学園は一死一、三塁から7番盛田がスクイズを決め、初回に4点を先制する。

 さらに5回表、立花学園は二死満塁から7番盛田がセンターフェンス直撃の適時二塁打で2点を追加。再び満塁となって、9番古谷の適時二塁打で2点を追加し、8対0になったところで、横浜商は先発の樺田を交代させ、2番手に長身右腕の篠崎を投入する。立花学園は篠崎から1番河野の左前適時打で1点を追加し、9対0とした。

 立花学園の先発・須田は右オーバーから常時125キロ前後の直球とスライダーを投げ分け、打たせて取るピッチング。6回裏、4番内田に2ランを浴び、7回裏も一死満塁のピンチを招いたが、最後は併殺に打ち取り試合終了。立花学園がコールド勝ちで、4回戦進出を決めた。

 立花学園横浜商の投手陣を攻略した打撃力の高さに注目。速球、変化球に対してもしっかりと合わせて内外野の間に次々と鋭い打球を飛ばした。その中で1人だけ突出した活躍を見せていたのが1番上野だ。