2018年04月14日 藤沢市八部野球場

立花学園vs横浜商

2018年春の大会 神奈川県春季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

立花学園が強打を発揮!横浜商に7回コールド勝ち!



上野(日立花学園)

 シード入りを目指す横浜商と昨夏の立花学園の一戦は立花学園が自慢の攻撃力を発揮し、7回コールド勝ちを決めた。

 横浜商の先発・樺田魁は長身の大型右腕。骨太の体格から左腕のグラブを高々と掲げ、右スリークォーターから力強く腕を振る投球フォームは、昨夏の東海大相模エース・秋田を思い出させるような投手だ。135キロ前後の直球と横滑りするスライダーのコンビネーションで勝負する。

 しかし強力な立花学園打線が樺田を襲い掛かる。1番上野が初球を打って痛烈な左前安打。上野は二盗を成功させた後、2番名倉が相手の敵失で出塁して無死一、三塁のチャンス。3番安藤はストレートを豪快に振り抜いて、センターの頭を超える適時三塁打でまず2点を先制。さらに4番滝本もセンターオーバーの適時二塁打で安藤が生還し、3対0とした立花学園は一死一、三塁から7番盛田がスクイズを決め、初回に4点を先制する。

 さらに5回表、立花学園は二死満塁から7番盛田がセンターフェンス直撃の適時二塁打で2点を追加。再び満塁となって、9番古谷の適時二塁打で2点を追加し、8対0になったところで、横浜商は先発の樺田を交代させ、2番手に長身右腕の篠崎を投入する。立花学園は篠崎から1番河野の左前適時打で1点を追加し、9対0とした。

 立花学園の先発・須田は右オーバーから常時125キロ前後の直球とスライダーを投げ分け、打たせて取るピッチング。6回裏、4番内田に2ランを浴び、7回裏も一死満塁のピンチを招いたが、最後は併殺に打ち取り試合終了。立花学園がコールド勝ちで、4回戦進出を決めた。

 立花学園横浜商の投手陣を攻略した打撃力の高さに注目。速球、変化球に対してもしっかりと合わせて内外野の間に次々と鋭い打球を飛ばした。その中で1人だけ突出した活躍を見せていたのが1番上野だ。

【次のページ】 立花学園vs横浜商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜、桐光学園ともに完封勝利!ベスト4が出揃う!【春季神奈川県大会・21日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
鎌倉学園がタイブレーク制す!東海大相模は初回から猛攻【春季神奈川県大会・20日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs日大藤沢【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜商vs生田東【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
慶應義塾vs横浜商【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
光明相模原vs日大藤沢【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
第173回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.17「甲子園での大爆発が期待したい万波中正・山田健太」【ドラフト特集コラム】
第166回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.10「吉田輝星、矢澤 宏太」【ドラフト特集コラム】
第242回 世界の独立リーガー根鈴 雄次さんに聞く!筋力トレーニングに取り組む考え方! 【2015年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
第9回 ヤクルトスワローズ 館山昌平 選手 【2008年インタビュー】
館山昌平、復活への道
立花学園 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る