2018年04月14日 藤沢市八部野球場

日大藤沢vs藤嶺藤沢

2018年春の大会 神奈川県春季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

日大藤沢が藤沢ダービーを「守備」で制し、夏の南神奈川大会シード獲得!



重村(日大藤沢)

 日大藤沢藤嶺藤沢による「藤沢ダービー」が春の神奈川県大会3回戦で実現。加えて勝った側が夏の南神奈川大会でのシードを獲得するとあって、地元・藤沢八部球場はほぼ満員。試合内容も緊迫の好勝負となった。

 日大藤沢新村 太郎藤嶺藤沢もプロ注目・矢澤 宏太と両エース左腕が先発する中、試合は意外な展開で始まった。<br />

 矢澤は2回まで6四死球を与え、2回表には押し出しで1点先制を許し、対する新村も2回裏、9番・原田に適時打を浴び同点に追いつかれた。ただ、そこは名門校の大黒柱。3回以降、2人は見事な立ち直りを見せる。

 日大藤沢・新村はオーソドックスな左の本格派。無走者時でもセットポジションから始動する中でも右足を高く上げ、重心を深く沈め、内回りのテークバックから腕を振り出せるため、腕振りと腰回転がしっかりと連動して投げられる。
加えて球速は常時120キロ後半~135キロ程度でも両サイドへの投げ分け、スライダー・チェンジアップ・カーブの請求は素晴らしく、強打の藤嶺藤沢打線を中盤沈黙させた。

 対する藤嶺藤沢・矢澤は細身の体型から強いバネの力を生かし上半身を鋭く振って投げ込む。その姿は吉川 光夫(読売巨人)を彷彿とさせる本格派。この日は修正能力にも長けたものがあった。

立ち上がり135キロ~140キロのストレートに制球が定まらないと見るや、3回からはストレートの割合を減らし、120キロ前後スライダーの割合を増やす。さらにストレートの球速を130キロ前半に落として、制球力重視のピッチングに切り替えた結果3回以降、0を並べた。

 そんな熱戦は1対1で迎えた終盤に大きく動いた。7回表、日大藤沢は3番の重村が矢澤の直球をとらえ、レフトオーバーの適時二塁打で勝ち越しに成功。

【次のページ】 日大藤沢vs藤嶺藤沢(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜、桐光学園ともに完封勝利!ベスト4が出揃う!【春季神奈川県大会・21日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
鎌倉学園がタイブレーク制す!東海大相模は初回から猛攻【春季神奈川県大会・20日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs日大藤沢【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集コラム】
光明相模原vs日大藤沢【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
神奈川県選抜vsスリランカU-18代表【2018年 練習試合(交流試合)・夏】
横浜創学館vs藤嶺藤沢【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
東海大相模vs神奈川工【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
第242回 世界の独立リーガー根鈴 雄次さんに聞く!筋力トレーニングに取り組む考え方! 【2015年インタビュー】
第9回 ヤクルトスワローズ 館山昌平 選手 【2008年インタビュー】
館山昌平、復活への道
藤嶺藤沢 【高校別データ】
日大藤沢 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る