終盤に繋がりを見せた橘が相模原総合を下す



本塁打を打った近藤(橘)

 少し肌寒くなってきた午後であったが、サーティーフォー相模原球場では相模原総合による接戦が繰り広げられた。

 は先発にエースの齊藤をマウンドに送る。齊藤は初回、相模原総合1番の酒井にセカンドへの内野安打を許すも、続く2番星野が打ったピッチャーゴロを二塁に転送してフォースアウト。次の3番名古を併殺打に仕留め、無難な立ち上がりを見せる。

 打線は1番福田が三振に倒れるも、2番杉本が四球で出塁。3番出野はセンターフライだったが、4番新里はレフトへヒットを放ち、二死ながら橘は得点圏にランナーを置いた場面を作る。
 しかし相模原総合先発の佐藤の前に、5番羽二生は見逃し三振に倒れチャンスを逃してしまう。

 その後試合は膠着状態に入る。互いに四球やヒットでランナーを出すも、両投手の打たせて取るピッチングの前にチャンスを広げられない。

 しかし投手戦は突然崩れる。5回のの攻撃、先頭の6番小坂がセンターライナーに倒れたが、続く7番近藤は6球目をライトへ弾き返す。打球はぐんぐん伸び、そのままフェンスを越える先制ホームランとなった。

 このホームランをきっかけに試合が一気に動き出す。6回には二死ながらの3番出野が左中間へのツーベースで追加点のチャンスを作る。ここで打席には4番新里が3球目をレフトにヒットを放ち、二塁ランナーの出野が一気にホームに戻り、が2点目を奪う。

 リードを奪ったはその後、齊藤・下郡・堤と継投をして相模原総合打線を抑えた。8回にもダメ押しの3点目を取ったは、最終回に二死ながら2本のヒットでランナーの出塁を許すも最後の打者をサードゴロに抑え、3対0で勝利した。

 次戦は横浜商大高との一戦を迎える相模原総合をシャットアウトした投手陣を軸に、打線がどのような働きを見せるのか注目したい。

(文=編集部)