2018年04月14日 相模原市立相模原球場(サーティーフォー相模原球場)

橘vs相模原総合

2018年春の大会 神奈川県春季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

終盤に繋がりを見せた橘が相模原総合を下す



本塁打を打った近藤(橘)

 少し肌寒くなってきた午後であったが、サーティーフォー相模原球場では相模原総合による接戦が繰り広げられた。

 は先発にエースの齊藤をマウンドに送る。齊藤は初回、相模原総合1番の酒井にセカンドへの内野安打を許すも、続く2番星野が打ったピッチャーゴロを二塁に転送してフォースアウト。次の3番名古を併殺打に仕留め、無難な立ち上がりを見せる。

 打線は1番福田が三振に倒れるも、2番杉本が四球で出塁。3番出野はセンターフライだったが、4番新里はレフトへヒットを放ち、二死ながら橘は得点圏にランナーを置いた場面を作る。
 しかし相模原総合先発の佐藤の前に、5番羽二生は見逃し三振に倒れチャンスを逃してしまう。

 その後試合は膠着状態に入る。互いに四球やヒットでランナーを出すも、両投手の打たせて取るピッチングの前にチャンスを広げられない。

 しかし投手戦は突然崩れる。5回のの攻撃、先頭の6番小坂がセンターライナーに倒れたが、続く7番近藤は6球目をライトへ弾き返す。打球はぐんぐん伸び、そのままフェンスを越える先制ホームランとなった。

 このホームランをきっかけに試合が一気に動き出す。6回には二死ながらの3番出野が左中間へのツーベースで追加点のチャンスを作る。ここで打席には4番新里が3球目をレフトにヒットを放ち、二塁ランナーの出野が一気にホームに戻り、が2点目を奪う。

 リードを奪ったはその後、齊藤・下郡・堤と継投をして相模原総合打線を抑えた。8回にもダメ押しの3点目を取ったは、最終回に二死ながら2本のヒットでランナーの出塁を許すも最後の打者をサードゴロに抑え、3対0で勝利した。

 次戦は横浜商大高との一戦を迎える相模原総合をシャットアウトした投手陣を軸に、打線がどのような働きを見せるのか注目したい。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
圧倒的強さを見せた東海大相模が4年ぶりV!公立校の躍進も目立った神奈川県の夏を振り返る 【ニュース - コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
桐蔭学園が4回戦敗退 日大藤沢など5回戦突破へ!【選手権神奈川大会・20日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
橘vs鶴見大附【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
加藤学園vs常葉橘【静岡県 2019年春の大会 春季東海地区静岡県大会】
大和vs相模原総合【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
都立小岩vs都立橘【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
日体大荏原vs橘学苑【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第659回 逆襲の横浜、完ぺきな内容で春制覇!南北ともに混戦模様に。【大会展望・総括コラム】
第14回 川崎市立橘高等学校(神奈川)【冬が僕らを強くする2017】
相模原総合 【高校別データ】
橘 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る