2018年03月26日 大和スタジアム(ドカベンスタジアム)

向上vs綾瀬西

2018年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

向上が8回コールド勝ちで県大会出場!



チームを引っ張る砂川俊輔(向上)

 昨秋ベスト16の向上が登場。リーグ戦初戦を完封勝利。勝てば県大会進出の一戦に先発のマウンドに立ったのは植本達也(3年)。なめらかな体重移動から投げ込む右のスリークォーターで、130キロ前後の速球を両サイドに投げ分け、カーブ、スライダーを織り交ぜる右腕である。植本は初回、無死一、二塁のピンチを招いたが2つの牽制死でピンチを切り抜ける。

 2回裏、向上は二死一、三塁から一塁走者の盗塁時に、捕手が悪送球。三塁走者が生還し、まず1点を先制する。3回裏には3つの押し出しで3点を追加。さらに4回裏には無死三塁から2番砂川が左中間を破る適時二塁打を放ち、5点目。二死三塁となって、4番内藤が二塁手の横を抜ける痛烈な右前適時打を放ち、6対0と点差を広げる。

はていたが、8回裏、二死二、三塁から3番吉村が右前適時打を放ち、試合終了。7対0のコールド勝ちで、向上が県大会進出を決めた。

 今年の向上は好野手が揃うチーム。まず2番砂川俊輔は小柄ながらパンチ力ある打撃が光る二塁手。地区予選でも1本塁打を放っている。主将としてもチームを引っ張る砂川は厳しくチームメイトに接しながらチームを引っ張っており、平田監督の評価も高い選手だ。

 3番吉村 大晴は恵まれた体格から鋭い打球を連発する左の強打者。投手を務めることもあり、力強い速球を投げ込むという。平田監督曰く来年のエース候補として期待されている選手だ。

 7番赤城 昂太郎は、遊撃手として素早い動きを見せており、グラブさばきも軽快。スイング自体も鋭く、しっかりと振り切った打球はファールながらフェンス際の打球を飛ばしていた。赤城は秋では1番を打っている選手で、たまに3番を打つこともあるという。この春、打撃面の不調で7番を打っているが、これほどのポテンシャルを持った選手が7番に控えているのだから怖い。

 これで県大会出場を決めた向上。まだまだ打ち損じがあり、打撃にムラがある。県大会まで修正を図っていきたい。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大藤沢、桐光学園がベスト4入り!現在の勝ち残っている顔ぶれと明日は横浜、東海大相模が登場! 【ニュース - 高校野球関連】
桐光学園と向上の準々決勝を速報!ベスト4進出を決めるのは?! 【ニュース - 高校野球関連】
桐光学園vs向上【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
鎌倉学園vs向上【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
向上vs湘南学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第518回 主体性を持て!揺るがない根拠と自信を築き上げる日大桜丘!【野球部訪問】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
綾瀬西 【高校別データ】
向上 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る