2017年09月24日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模vs慶應義塾

2017年秋の大会 神奈川県秋季大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

圧倒的な打撃力で東海大相模がV!3番森下が2本塁打5打点の大活躍!



本塁打を放ち笑顔を見せる森下(東海大相模)

 秋季神奈川県大会も大詰め。決勝戦は2年連続の秋制覇を狙う慶應義塾と夏準Vの東海大相模の顔合わせ。

 慶應義塾・生井、東海大相模・齋藤の両エースが先発。互いに昨日の試合を完投したばかり。連投となるだけにその仕上がり具合に注目された。

 まずは東海大相模・齋藤の立ち上がり。慶應義塾の1番宮尾にいきなり左中間への三塁打を浴び、無死三塁と先制点のピンチ。しかし、これで目が覚めた。2番大川から三者連続三振を奪い、ピンチの芽を摘み取る。

 対する慶應義塾・生井も東海大相模の1番小松にレフト前ヒットを浴び、無死の走者を許す。だが、続く2番山田がファーストライナー。一塁走者はスタートを切っていたため戻れず。併殺打となってピンチを切り抜ける。両エースともに走者は許すも、無失点の立ち上がりとなる。

 試合が動いたのは3回裏、東海大相模は7番田内が四球で出塁。続く8番齋藤は投手前へのバント。生井は二塁封殺を狙いにいくも、ボールを握り直してしまい一塁もセーフになってしまう。9番佐藤は三振に取るも、捕逸で一死二、三塁とピンチを広げると、1番小松のファーストゴロの間に三塁走者が生還。東海大相模が1点を先制する。

 このまま流れを掴みたい東海大相模は4回裏、先頭の3番森下が強烈な当たりのレフト前ヒット。二死を奪われるも、6番後藤の四球、7番田内のヒットで満塁のチャンスを作ると、8番齋藤が右手に死球を受けてしまう。押し出しで1点は追加するも、エースはベンチへ。臨時代走が送られ、手当てを受けることに。

 結局、齋藤は降板。4回までに6つの三振を奪うなど、快調なピッチングだっただけに、悔しい降板となってしまう。チームにとっても痛い死球になるかと思われたが、2番手の左腕・浅海が素晴らしいピッチング。躍動感のあるフォームから力強いボールを投げ込み、慶應義塾打線に流れを渡さない。

【次のページ】 東海大相模vs慶應義塾(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
及川雅貴が13奪三振完投勝利!!秋季神奈川県大会2試合を徹底レポート!【秋季神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
及川雅貴、13奪三振2失点完投勝利で東海大相模を破る! 【ニュース - 高校野球関連】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs津久井浜【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs山北【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs平塚学園【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第775回 横浜と東海大相模が同ブロック!この秋も好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
第397回 東海大相模高等学校 戸崎慶選手「昨秋とはまるで別人 成長したポイントとは?」 【2016年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
秋季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る