2017年09月06日 横須賀スタジアム

立花学園vs横須賀

2017年秋の大会 神奈川県秋季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2時間27分の激闘!壮絶な打撃戦を立花学園が制す



激闘を制した立花学園ナイン

 先日の雨により、日程が変更となった秋季神奈川県大会。2回戦も残すは2試合となり、その2試合が本日行われた。そのうちの1試合、横須賀スタジアムで行われた立花学園vs横須賀の試合は打撃戦となった。

 初回、立花学園は1番・上野が先頭の口火を切る中前安打を放つ。この打球が中堅手の前で大きく弾み、外野を転々。この間に上野が本塁を陥れ、いきなり立花学園が先制した。
 立花学園は続く2回、一死一塁から7番・成田が安打を放ち一、三塁と追加点のチャンスを作る。そして8番・古谷が一塁線に絶妙なセーフティスクイズを成功させ追加点を奪った。

 2点を追いかける展開となった横須賀は、2回裏。6番・天賀が中越え三塁打を放ちチャンスメイク。続く7番・寺薗の打球は三塁線を破る適時二塁打となり1点差。その後、犠打で寺薗を三塁に送り、9番・瀧田が投手前にスクイズを成功させ、同点とした。

 追いつかれた立花学園は引き離しにかかる。3回、1番・上野が中前安打で出塁。その後、盗塁で二塁を陥れ、2番・阿部が一、二塁間を破り上野が生還。勝ち越しに成功した。立花学園打線の勢いは止まらず、5番・山口の適時二塁打などが飛び出し、5対2と再びリードした。

 再度、追いかける展開となった横須賀は4回。一死から1打席目に三塁打を放っている天賀が打席に入る。完璧にとらえた打球は左翼スタンドへ一直線。一振りで1点を返した。この本塁打で息を吹き返した横須賀は、四球と安打と盗塁で二死二、三塁と同点のチャンスを作り1番・淵脇。打球は右翼手の前に弾み、二者が生還。またも横須賀が試合を振り出しに戻した。

 前半戦(5回)だけで両校合わせて19安打が飛びだす打撃戦は、5対5の同点のまま後半戦に突入した。

【次のページ】 立花学園vs横須賀(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜が大苦戦!横浜や桐蔭学園、東海大相模などの6試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
川崎北vs横須賀大津【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
シード確保は茨の道?熱戦が期待される春の神奈川を徹底解剖! 【ニュース - コラム】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
海津明誠vs横須賀【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第173回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.17「甲子園での大爆発が期待したい万波中正・山田健太」【ドラフト特集コラム】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
第150回 今年の神奈川は「ショートの年」だ!6人のショートをピックアップ!【ドラフト特集コラム】
立花学園vs横浜商【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
日大高vs立花学園【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
立花学園 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】
秋季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る