2017年09月05日 大和スタジアム(ドカベンスタジアム)

慶應義塾vs光明相模原

2017年秋の大会 神奈川県秋季大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

投打で圧倒!慶應義塾が7回コールドで3回戦へ



好投した生井 惇己(慶應義塾)

 夏は準々決勝で姿を消した慶應義塾。対する相手は夏の3回戦で慶應義塾に敗れた光明相模原光明相模原は3年生のリベンジを果たしたいところ。

 初回、光明相模原慶應義塾の好投手、生井 惇己を攻める。先頭の1番・田中が左安打で出塁。3番・柳田が二ゴロで田中はフォースアウトになるが、4番・中川が右安打を放ち、二死一三塁のチャンス。しかし5番・小澤は続くことができず、得点することはできない。

 先制点は慶應義塾が奪った。2回、先頭の4番・下山が二塁打、5番・関が犠打をきっちり決め、6番・石田は四球を選ぶ。この一死一三塁の場面で7番・吉川が適時左安打を放ち、1点を先制した。

 初回にピンチを作った慶應義塾の先発・生井だったが、2回以降は安定したピッチング。生井は写真を見てもらえばわかると思うが、肩周りの可動域が広く、柔軟性がある。その可動域を活かしたフォームから投げ込まれる球は非常に見づらい。さらに腕の振りも良い。ストレートとスライダーの腕の振りは変わらないため、打者は生井に苦戦。球威は最後まで衰えることなかった。この日生井は6回3/2を投げ、9奪三振、与四死球0と素晴らしい内容でマウンドを降りた。

 大きく動いたのは3回、二死満塁で慶應義塾の5番・関が右中間を破る走者一掃の3点三塁打を放ち、3点を追加。さらに6回にも再び関が2点適時打を放つなど、3点を奪い、7回には3番・奥村の二塁打で1点を加え9対0。

 慶應義塾がその裏の守りを締め、9対0。7回コールドで3回戦進出を決めた。

 敗れた光明相模原だが、とても元気のあるチームだ。ベンチが一体となって声を出し、初回のチャンスはベンチがもぎ取ったと言っても過言ではないほど盛り上がっていた。ここから技術面でどこまで伸びるのか。技術面が備われば、相手にしたくないチームになれるはずだ。

(文=編集部)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田の高校野球 【ニュース - コラム】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
鳥取を代表する公立校・鳥取西と米子東が残してきた歴史とは? 【ニュース - コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
光明相模原 【高校別データ】
秋季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る