2017年07月29日 横浜スタジアム

横浜vs東海大相模

2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜が3本塁打など打線爆発!神奈川大会2連覇達成!

 共に全国制覇の経験がある両校による戦いとなった神奈川大会決勝戦。2年連続の夏優勝を目指す横浜と、2年ぶりの夏優勝を狙う東海大相模による横浜スタジアムでの戦いは、手に汗握る、決勝戦に相応しい戦いとなった。

 先制したのは東海大相模。1回先頭の小松 勇輝(2年)が内野安打で出塁すると、犠打と内野ゴロで三塁へと進み、4番・森下 翔太(2年)の高く上がったフライを左翼手が落球し、東海大相模が先制点を奪う。

 その裏の横浜は、先頭の長南 有航(2年)が内野安打で出塁し、犠打で二塁へ進む。ここまで東海大相模の1回と同じ展開。さらに野選で一死一、二塁とし、4番・増田 珠(3年) が適時打を放って同点に追いつく。横浜東海大相模ともに似たような形で1点ずつを挙げる。

 試合が動いたのは3回、横浜は増田が内角の球を叩き、左翼席中段まで運ぶ一発を放って勝ち越しに成功する。増田は大会新記録となる4試合連続弾、さらに対戦校のOB・大田 泰示(現日本ハム)に並ぶ大会5号弾と、記録ずくめの一発となった。横浜はさらに7番・市村 拓巳(3年)が左中間席に2ランホームランを放ち、この回3点を勝ち越し。

 攻撃の手を緩めない横浜は4回にも東海大相模の2番手・大和田 聖人(3年)を攻め一死一、三塁とすると、ここで打席には4番・増田。東海大相模の捕手・山田 翔斗(3年)は中腰に構え、高めを要求。狙い通り増田は高めの直球を打ち上げるが、高く上がった打球を遊撃手と三塁手が追い切れず、適時二塁打としてしまう。

 3回、4回と満塁のチャンスを作った東海大相模打線だが、5回、6回は調子を上げてきた横浜のエース・板川 佳矢(2年)の前に三者凡退に抑え込まれる。しかし7回、先頭の小松が四球で出塁すると、牽制悪送球と四球で無死一、二塁とすると3番で主将の喜友名 秋幸(3年)が三塁強襲の適時打を放って1点を返す。この後二死二、三塁とし5番・黒澤 昂希(3年)が右中間への大きな犠飛を放ってさらに1点。この回2点を返して追い上げムードを作る。

 しかしその裏、またしても横浜打線がつながりを見せる。先頭の市村が安打で出塁すると、犠打と暴投などで一死一、三塁。ここで長南が右前適時打を放って3点差とする。さらに2番・山﨑 拳登(2年)が、東海大相模のエース・安里 海(3年)の直球を叩くと、打球は左翼席に突き刺さる3ランとなる。

 8回は両チーム無得点で9回表の東海大相模の攻撃。横浜のマウンドには先発の板川。先頭の小松の打球を膝に受けながらも気迫のプレイを見せて一死を取る。ここから連打を浴びて一死一、二塁とピンチを迎えるが、4番・森下を空振り三振、5番黒澤を中飛に打ち取る。最後はウィニングボールを増田がガッチリキャッチし、横浜が2年連続の優勝を決めた。

 敗れた東海大相模は4投手による継投も実らず、強力横浜打線を封じ込めることができなかった。しかし大会を通して見せた積極的な打撃や走塁、チームワークは横浜に勝るとも劣らないものを見せてくれた。

 2年連続の優勝を決めた横浜は、主将の福永 奨(3年)、増田を中心に少ない3年生が1,2年生をよく引っ張ったチームだった。特に主将の福永はなかなか出場機会に恵まれない中での大会だったが、決勝戦では見事に板川を完投勝利に導いた。昨年のチームに並ぶ大会通算14本塁打はもちろん大会タイ記録。長南や万波 中正(2年)など2年生も素晴らしい活躍を見せた。

 昨夏は藤平 尚真石川 達也と左右の2枚看板を擁したものの、2回戦で履正社に敗れた横浜。今年の夏はいったいどこまで勝ち抜くのか。激戦区神奈川を勝ち抜き、2年連続17度目の甲子園を決めた横浜が、3度目の栄冠に挑む。

(レポート=林 龍也)

【 この試合のイニングスコアをチェック!】

【神奈川大会】
詳細日程・応援メッセージ
トーナメント表

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
”金農旋風”の快進撃を生んだ秋田のヒーロー・吉田輝星(北海道日本ハム)の輝かしい軌跡 【ニュース - 高校野球関連】
2年春の選抜の悔しさを乗り越え、最後の夏で甲子園で躍動した涌井秀章の高校時代 【ニュース - 高校野球関連】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

横浜高校を甲子園で応援したい!! YELL  2017.07.28
頑張れ!
しか言えないけど応援してます!
高校生詩人たこらいす 2017.07.11
頑張ってください。
東海大相模!!!ファン 2017.06.16
ガンバレ!!!

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る