2017年07月19日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

横浜隼人vs横浜学園

2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

快勝へと導いた横浜隼人の「全員野球」

 横浜隼人が「全員野球」で快勝。4回戦進出を決めた。

 先手を取ったのは横浜隼人。初回、一死二、三塁から4番白井 海斗(3年)が犠牲フライ、5番尾川智啓(3年)がライト前へタイムリーを放ち、2点を先制。クリーンナップがしっかりと役割を果たす。

 横浜隼人先発の青山 美夏人(2年)は最高の立ち上がり。1回途中から4者連続三振を奪うなど、横浜学園に流れを渡さない。

 横浜隼人の2点リードで迎えた3回は、一死二、三塁で5番尾川のサードゴロの間に三塁走者が生還。1点を追加し、ゲームの主導権を握る。

 4回には、9番青山の適時三塁打、更にランナーを溜めて、3番秋元 健吾(3年)が左中間の一番深いところへ突き刺す弾丸ライナー。これが3ランホームランとなり、この回一挙4得点。横浜学園を突き放す。

 続く5回にも1点を追加し、迎えた6回、ワイルドピッチで1点を加え9点差。最後は6番村瀬 一統(3年)がライト前へタイムリーを放ち、勝負あり。大会規定によりコールドゲームが成立。10対0で横浜隼人が4回戦進出を決めた。

 目を引いたのは横浜隼人の「全員野球」。試合に出ているメンバーだけでなく、ベンチ入りメンバー、更にはスタンドが一体となって勝利を掴んだ。

 試合に出ているメンバーは、それぞれの役割に対する理解度が非常に高い。走者が二塁にいるときの進塁打を徹底するなど、不利なカウントになってからも、自分が出来ることをしっかりこなす姿勢を全員が持っている。

 ベンチ入りメンバーも、ベンチの最前列からグラウンドに声を掛け続けた。ただ鼓舞するだけではなく、身振りを交えながら、”意味のある声”を送る。彼らもまた自らの役割を全うしている。

 そしてスタンド。平日にも関わらず、沢山の生徒が詰めかけ、野球部員とともに大きな声援を送った。スタンドが作る空気に、グラウンドのメンバーが応える。それぞれの役割をしっかり果たす、横浜隼人の「全員野球」にこの先も注目だ。

 敗れた横浜学園も、随所にガッツ溢れるプレーを見せてくれた。3回のピンチでは、サードの下重拓海(2年)が痛烈な打球を体を張って止め、横浜隼人に得点を与えなかった。今日出場したメンバーには下級生も多く、来年に向けて、得たものも多かったはずだ。来夏のリベンジに期待したい。

■この試合のイニング速報&試合経過もあわせてチェック!

(記事=編集部)

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
奥川ら続々とデビューする2019年の高校BIG4。残すは佐々木朗木のみ 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
第213回 【逸材レポート】佐藤一磨(横浜隼人)「急成長!春から最速7キロも速くなった大型左腕」【ドラフト特集コラム】
日大藤沢vs横浜隼人【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
横浜隼人vs大磯【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜創学館vs横浜清陵【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
第392回 横浜隼人高等学校 高橋淳彦選手「中本牧シニア出身のスラッガーは宮里だけじゃない!」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
横浜学園 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る