2017年07月19日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

武相vs横浜清陵

2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負を分けた勝負どころの一打

 サーティーフォー保土ヶ谷球場の第1試合。中盤戦の流れは横浜清陵にあった。しかし、一瞬傾いた流れを武相が掴み、見事にものにした。そんな一戦であった。

 先制したのは武相。初回、一死一、二塁から4番小林遥陽(3年)の内野ゴロの間に1点を先制。2回には8番矢澤朋也(2年)からの4連打で2点を追加。その差を3点に広げる。

 投げては武相・宮下 竜一(3年)が素晴らしい投球を見せ、横浜清陵は走者を出すことができない。序盤戦だけを見れば、武相ペースで進むと思われた。

 しかし、中盤戦は一気に横浜清陵の流れに。4回裏、一死から2番田中滉樹(3年)が死球で出塁。この試合初めての走者を出すと、3番徳龍希(3年)がセンター前ヒットで一死一、二塁。4番大矢祐二(3年)の打球はライトの頭上を越える二塁打。二塁走者が生還し、1点を返す。

 その裏、武相の2番カレオン(2年)の大きな打球をライト遠藤武徳(3年)がジャンプ一番で好捕。スタンドは大歓声。続く打者も簡単に打ち取り、この回三者凡退。守備のテンポも一気に良くなる。

 5回裏は、先頭の山本 雄太(3年)がレフト前ヒットも、続く打者が連続三振で二死。流れが潰えたかに思えたが、1番若杉遼がセカンドへの内野安打、2番田中滉が四球で二死満塁。3番徳はセカンドゴロに倒れるも、流れは横浜清陵に。

 6回表には、無死一、二塁のピンチを迎えるも、7番宮下のバントは捕手前への小フライに。これを横浜清陵の捕手・徳が落ち着いて捕球し、二塁へ送球。併殺打となり二死となる。

 しかし、武相は8番矢澤がレフト前ヒットで繋ぎ、なおも二死一、二塁。9番和田英峻(3年)の打球は痛烈な打球。これを横浜清陵・サード若杉が横っ飛びで好捕する大ファインプレー。スタンドは大歓声。武相に流れを渡さない。

【次のページ】 武相vs横浜清陵(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
圧倒的強さを見せた東海大相模が4年ぶりV!公立校の躍進も目立った神奈川県の夏を振り返る 【ニュース - コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模、日大藤沢が決勝戦へ!トーナメント表でこれまでの結果をチェック!【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集コラム】
横浜創学館vs横浜清陵【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
海老名vs城山【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第659回 逆襲の横浜、完ぺきな内容で春制覇!南北ともに混戦模様に。【大会展望・総括コラム】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横浜vs桐光学園【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
東海大相模vs日大高【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
武相 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

横浜清陵頑張れ~❗ママ 2017.07.19
まだまだ逆転❗行ける❗
頑張れ~❗
勝利元野球部 2017.06.11
去年の悔しい思いを今年にぶつけろ!目指せ県ベスト32!横浜清陵頑張れ!
必勝みーちゃん☆ 2017.06.10
とにかく1勝!
全員野球で頑張れ横浜立野高校!

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る