2017年07月13日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

横須賀総合vs相原

2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中盤の集中打で横須賀総合が7回コールド勝ち!

 サーティーフォー保土ヶ谷球場の第2試合は新チーム結成以来99勝を挙げている横須賀総合と、今春県大会伊勢原との連合チームで32強まで勝ち進み、今大会は部員11人の単独チームで臨む相原の試合となった。

 序盤の流れを掴んだのは相原。初回に4番でエースを務める森 弘樹(3年)の一塁強襲安打などで2点を先制。2回にも1番・江戸 璃太(1年)の犠飛で1点を追加し3点をリード。対する横須賀総合は2回に二塁打と相手エラーで1点を返すも、序盤はリードを許す展開となった。

 しかしチーム通算100勝目を目指す横須賀総合は4回、1番・深野 怜(2年)の適時三塁打など4長打に2四球を集め、一気に6得点を奪い試合をひっくり返す。さあに続く5回にも3連打で満塁としたあと7番・堤 大基の右翼越三塁打で3点を追加し、リードを7点に広げた。

 2回以降得点を奪えずにいる相原は6回、四球と安打でチャンスを作るがあと1本が出ず得点が奪えない。7点差の7回表には横須賀総合の継投の前に三者凡退に終わり、7回コールドゲームとなった。

 相原は6安打3得点と食らいついたが、横須賀総合の集中打の前に敗れてしまった。見事チーム100勝目を飾った横須賀総合は17日に秦野中央公園野球場で県立商工と2回戦を戦う。

(記事=林 龍也)

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたちを紹介! 【ニュース - コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
東海大相模、日大藤沢が決勝戦へ!トーナメント表でこれまでの結果をチェック!【神奈川大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
光明相模原vs山手学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
大和南vs相原・大和東【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 湘南地区】
桐蔭学園vs光明相模原【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
光明相模原vs日大藤沢【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
光明相模原vs厚木東【神奈川県 2018年秋季神奈川県大会 地区予選】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
相原 【高校別データ】
横須賀総合 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る